ゲーミングPCのおすすめ紹介…やはり安い、コスパの良いものが一番

2019年6月28日

Youtubeからアクセスしてくださった方、ありがとうございます!

いつもご視聴くださり嬉しいです。

今回はコスパの良い、最新のゲームを十分に遊べるPCと誰でも簡単にできるPCの買い方について解説していきます。

新しいPCの購入は敷居が高いもの

自分のチャンネルに来る人は結構低スペックPCでゲームをプレーしている人もいて

「低スペックでもOKのおすすめのゲーム紹介してください」
「こういう動画は結構ありがたい」

という声を頂きます。

大型セールのゲーム選びを機に、新しいPCを購入したい、どうせならしばらく最新のゲームをプレーできるだけの性能にしたいと考えるのは自然なことです。

しかし、いざ「PCを買おう」と思い立っても

 

小金井さん

小金井さん

自分の知識ではどんなPCを選んだらいいか分からない

 

という方もいらっしゃるとすれば私も同じでした。

実は自分のPC(動画)はすでに3年経っていますが特定のゲームで不具合があるものの、PC側でこれまでほぼ不具合が起きたことはありません。

そこで僭越ながら自分が実際に買って良かったPCの購入の仕方を紹介しようと思います。

 

ユーロ
誰にでも簡単にできる方法なのでご安心ください。

 

PC選びの前に覚えておくと良いこと

失敗しないPC選びを考える点で大事なのはプレーしたいと思うゲームが何であるかということです。

ゲームを選ぶ→選んだゲームに合ったPCを選ぶ

という順番です。

それはちょうどプレゼントを自分で梱包する場合、中身を決めてからそのサイズにあった箱を決めるのと似ています。

中身(ゲーム)に最適な箱(パソコン)があるということです。

その順番さえ間違えなければスペック不足に慌てなくて済みます。

 

さて、ここで以前にも紹介しましたが自分の3年経過している現役PCの主なスペックを記載します。

マウスコンピューター:LMiG460X2-sh2
OS: Windows 10 Home 64-bit (10.0, Build 14393)
CPU:intel(R) Core(TM) i7-6700 CPU @ 3.40GHz (8 CPUs)
メモリー: 16GB RAM
NVIDIA GeForce GTX 960(2GB)
内蔵HD:SSD 512GB HDD:2TB
DirectX バージョン12

自分はBTOで購入したマウスコンピューターのLMiG460X2-sh2というモデルを愛用しています。

このPCは本当に3年後の今でも通用するのでしょうか?

 

小金井さん

小金井さん

それが分かれば長く使えるPCが分かるわけね

 

その通り、どうせなら長く使っていけるPCにしたいですよね。

まずゲームの「システム要件」を調べる

Steamには個別ページに「システム要件」という項目があります。

システム要件は「この性能があれば快適に動きます」と開発者側が記載する項目です。

 

ここでは特徴的な3つのゲームを選んでみます。

自分はジャストコーズ3というゲームがプレーしたくて今のPCを買いました。

一つ目はジャストコーズ3のシステム要件です。

推奨プロセッサーはIntel® Core™ i7 3770 3.4GHz

グラフィックボードはNVIDIA® GeForce® GTX 780(3GB)

です。

では2つ目、ジャストコーズ3から約3年後にリリースされたモンハンワールドのシステム要件を見てみましょう

①推奨プロセッサーは同じですが②グラフィックボードが GTX 1060(3GB)になっています。

 

では最後に2019年2月1日にリリースされたエースコンバット7を見てみましょう。

こちらは Intel Core i5-7500、NVIDIA GeForce GTX 1060 (3GB)でした。

発売時期に約半年の差があるモンハンワールドとエースコンバット7ですが、そんなに差がないことを理解できます。

 

ではCPUベンチマーク比較をしてみましょう。

ベンチマークは簡単に言うとPCの性能を数値化したものです。

ここではBTOパソコンミニ館というベンチマークが比較できるサイトを使ってみます。

自分のPCは推奨スペックを十分満たしていることが分かりました。

 

続いてGPU(グラフィックボード性能)比較です。

最低スペックは満たしていますが推奨環境ではないことが分かります。

ここで分かるのは

3年経過したPCでも最適とはいかないまでも遊ぶことができる

ということです。

もちろん、ベンチマークは一つの評価値に過ぎませんが、こうしてゲームの複数のシステム要件(推奨)を比較することでPC選びに必要な情報が得られるということです。

 

小金井さん

小金井さん

そうか、自分のプレーしたいゲームだけでなく、最新のゲームのシステム要件をチェックすればいいわけね。

 

ユーロ
 その通り。ここまでの説明を聞いてチンプンカンプンという方は動画を用意していますのでそちらもご確認ください。

 

初めてゲーミングPCを買うならBTOが一番

 

BTOは簡単に言えば

『PCの性能は自分で決め、組み立ては業者がやってくれるPCのこと』です。

Build To Order」の頭文字を取った略称で、受注生産を意味します。

 

自分はマウスコンピューターのBTOを選んだのですが、それはコスパがかなり良いのと一つ一つを手作業で組み立ててくれるからです。

さらにその都度キャンペーンも豊富で自分の場合は3年保証を格安で入ることができました。

乃木坂46がCMしていたり、声優・内田真礼さんややGLAYのTERUなど、芸能人も所有しているPCがマウスコンピューターです

3年前と比べるとこのPCも随分知られてきたなぁという印象ですね。



まずはゲームのシステム要件に当てはめてみる

とはいえ、高額の買い物には不安がつきものです。

なので、ここからBTOパソコンの買い方を丁寧に解説していきます。

 

百聞は一見に如かず、ゲーミングPC【G-Tune】TOPにアクセスしてみましょう。

 

ここではプロダクトアワード2017 金賞受賞モデルの後継機を選んでみました。

見るべきポイントは2つです。

 

CPU(i5-8500)とグラフィック(GTX1060)とベンチマーク数値モンハンやエースコンバット7と比較てみましょう。

金賞受賞PC モンハン(推奨) エスコン7(推奨)
CPU(プロセッサ) i5-8500 i7-3770 i5-7500
GPU(グラフィックス) GTX1060 GTX 1060 GTX 1060
ベンチマーク 12232 10196 10196

 

CPUのi5-8500(金賞)i7-3770(モンハン)の性能差ですが

BTOパソコンミニ館だと?

 

いかがでしょうか?

その他、グラフィックス性能は同じ、ベンチマークも推奨環境を満たしていることが分かりますね。
(厳密に言えば測定器が違いますが、微差でしょう)

 

このように、購入するPCの仕様が推奨環境を満たしていれば失敗しないということです。

 

確認したら「カスタマイズお見積り」をクリックしてください。

BTOはここから自分でCPUやグラボの性能をアップグレードしていくことができます。

 

ただ、このPCの場合はCPUやグラフィックスが性能を満たしていることが確認できました。

 

しかもマウスコンピューターがおすすめしているPCなのでこのまま「カート内容の確認」に進んでしまってもOKです。

予算的に頑張れるならグレードアップ

 

ここからはもう少し踏み込んだ買い方をしてみましょう。

BTO最大の特徴である自分で性能(パーツ)を選ぶ買い方です

 

自分が3年前に購入したPCは約16万円のデスクトップPC+モニター(別売り)で18万ほどだったのですが、「自分今買うんだったらこうする」的にアップグレードしてみます。

変更した部分

[1年間 標準保証]→[3年保証/デスクトップPC]  +7000
インテル(R) Core(TM) i5-8500 プロセッサー→インテル(R) Core(TM) i7-8700 プロセッサー +18,800
標準CPUクーラー→【9cmFAN/ヒートパイプ式】オリジナル サイドフローCPUクーラー +1900
標準CPUグリス→【 高熱伝導率 】 ダイヤモンドグリス +1900
8GB メモリ→16GB メモリ [8GB×2] +12000
1TB HDD→2TB HDD +5000

 

合計金額は税込み約18万円180,252円)でした。

 

自分は仕事で使うPCと兼ねていることや、Youtubeにアップするための動画編集の出力をできるだけ早くするためにCPUの性能を上げました。

後は何かあった時のために3年保証は必須かなと思います。

メモリ、HDDを増やしたのは、動画用倉庫とたくさんのゲームのダウンロード容量確保のためです。

Steamはすべてダウンロード販売で、クリアしたり必要ないなというゲームはアンインストールします。

アンインストールしてもライブラリには残るので、またプレーしたいと思ったら再ダウンロードするだけです。

なので、通常HDDは1TBあれば十分です。

 

BTOは自分で仕様を選べる分最初は戸惑うかもしれません。

でも、予めゲームのシステム要件をチェックして大体どれぐらいのスペックを選んだらいいか把握しているならそんなに難しくないはずです。

 

小金井さん

小金井さん

PCという箱を選ぶ前にプレゼント選び(システム要件)が大事ということですね。

その他のおすすめPC選び

コスパを考えるならG-Tuneのタブにある

ゲーム推奨モデルから選んでみるのも良いかもしれません。

ただ、土台が違うだけで調べることに変わりはありません。

「カスタマイズお見積り」をクリックして中身の仕様を変更するだけです。

良いグラボを選択できるBTOパソコンがいいかもしれませんね。

純粋にゲームだけを楽しむゲーミングPCなら例えば『ドラゴンクエストX』推奨パソコン (PC)は59,800円から

ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコンは89,800円から購入できます。

こういう安いPCを土台にしてBTOで予算の限りグレードアップしていくのも方法の一つですね。

 

マウスコンピューターのゲームパソコンブランド「G-Tune」はどれもコスパが良く、プロのゲーマーも愛用しているハズレがないブランドなので購入を検討している方は是非選択肢の一つに考えてみてください。

 

BTOパソコンは大体どのメーカーでも同じ要領で購入できます。

サマーセールなど大型セール中にすぐにでも欲しいなら

【ドスパラ】12時までのご注文確定で当日出荷!

という選択肢もありますよ。

ユーロ
繰り返しになりますが失敗しないPC選びはまず最新のゲームのシステム要件チェックからです。慌てずゆっくりと購入を検討してみてください

 

小金井さん

小金井さん

はい!
今回の解説を動画で見たい方はこちら