Youtubeで話題?!…『Steamピックアップ1週間限定セール』とは?

2019年2月6日

Steamでは火曜日に必ず1週間限定セールという次週の火曜日まで行われるセールがあります。

自分のYoutubeでは毎週火曜日に必ず、セールされているゲームの中から3作品をピックアップして紹介するピックアップ1週間限定セールというコーナーを設けています。

例えば1月22日から29日の3作品がこちら

SteamDBで最安値の作品を必ず一つは入れる

どうせなら今回のセールでこれまでの最安値となったゲームは最低一つはいれるようにしています。

例えば今回だと

Animu GameのFantasy Versusというゲーム。

2018年5月16日に配信された非常に好評のゲームでSteamDBによれば720→288円(60%OFF)というのは今回初めての価格帯。

しかも、日本語対応で日本人のレビューも多い作品。

こういうゲームは積極的に紹介していきたいと思います。

Fantasy Versus
4人対4人で展開するマルチプレイ対戦ゲーム。
7分の間で繰り広げられるスピーディな戦闘を特徴。
各13種のプレイヤーキャラクターとステージでファンタジー世界のミニバトル。
日本語UI/字幕に対応し、日本サーバーも導入済み。)

今回選んだ残りの2作品

後は評価の高い作品をできるだけ多ジャンルにして紹介しています。

日本人の評判がよく、日本語対応している作品も選びたいですね。

“閉鎖された町「ペインスクリーク」で起きた殺人事件をテーマとするミステリーアドベンチャー「The Painscreek Killings 

自分がミステリー系のアドベンチャーゲームが好きというのもあって、何回か紹介している作品です。

The Painscreek Killings の特徴
・調査中に収集された手がかりとヒントに基づいて、どこでも自由に探索
・メモをとり、重要な手がかりをカメラで撮影
・プレイヤーによる緻密な観察と消去法で、パズルを解決
・廃墟の町とともに埋葬されるはずだった陰謀、心痛、嫉妬、秘密を発見

日本人にはファンの多いAGM PLAYISMから2015年11月18日に配信された非常に好評のGOCCO OF WAR

これは約100年前の子どもたちが遊んだとされる、前時代のセンソーゴッコを楽しむことができるゲームで最大32人のアクセス、4人での共闘クエストを特徴としている作品ですね。

プレイヤーキャラクターにはレベルやステータス値の概念がなく、武器の強化とバッジの2つによって強いキャラへと育てていく

クエストにあわせて装備するバッジを交換したり、どれを自分のメイン武器にしていくか悩むのも楽しみの一つになる作品。

今回はこちらの3作品に決めました。

毎週コンテンツを作成していると自分も新たなゲームとの出会いを体験することが多く面白いですね。

何せSteamには3万本のゲームがあるので、その中からセールされている3作品を選ぶのはかなり難しいです。

そんな時SteamDBはセール作品を選ぶうえで役に立ちますし、Steamの適合性タグの中から上位を順番に見ていくことも助けになります。

何よりも自分の紹介した作品を「買ってみました」という声を聞けるのは何よりの喜び。

紹介して良かったなと思います。

是非、民明書房刊にも記載されているというピックアップ1週間限定セール参考にしてみてください。