Steamで何が起こったのか…2019年を振り返る

2020年10月3日

2019年もいろいろありました。

■1月…UBIソフトが脱Steamの動きを見せる

The Division 2はEpic Games
出典 www.amazon.co.jp

アサシン クリードシリーズやウォッチドッグスシリーズ、レインボーシックスシリーズなどを手がけるゲームメーカー・Ubisoftが2019年3月15日に発売するPS4・Xbox One・PC向けゲームの「The Division 2(ディビジョン2)」は、PC版の配信をSteamではなくEpic Gamesストアで行うことを発表して話題
出典 PCゲーム販売でSteamとEpic Gamesストアの競争が激化、「The Division 2(ディビジョン2)」がSteamではなくEpic Gamesストアで配信決定 – GIGAZINE

ユービーアイソフトは今回の発表により、Epic Gamesストアへの海外大手パブリッシャー参入第一弾ということになる。
出典 ユービーアイソフトの『ディビジョン2』PC版はSteamではなくEpic Gamesストアでのリリースに。今後もさらに多くのユービーアイタイトルが追加予定 – ファミ通.com

UbisoftのChris Early氏は「Epicはこれまでのビデオゲーム業界を破壊し続けています。彼らの提唱するサードパーティーデジタル配信モデルはその最たる例であり、Ubisoftがサポートしたいものでもあります」と、SteamからEpic Gamesストアへの移行理由を語っています。
出典 PCゲーム販売でSteamとEpic Gamesストアの競争が激化、「The Division 2(ディビジョン2)」がSteamではなくEpic Gamesストアで配信決定 – GIGAZINE

■2月…Steamで非ゲーム系の動画コンテンツ配信終了へ


出典 amanaimages.com

昨年末にも報告があったように、ValveはSteamにおける動画セクションの廃止を正式に発表しました。Steamストアトップページからは既にリンクが削除
出典 ValveがSteamの動画セクションを廃止―非ゲーム系の動画コンテンツ配信終了へ | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

Valveの声明によれば、これまでの利用状況からゲームに直接関連しているコンテンツあるいはSteamで販売されているゲーム・ソフトウェアのアクセサリコンテンツの提供に注力すべきと判断したとのこと。
出典 ValveがSteamの動画セクションを廃止―非ゲーム系の動画コンテンツ配信終了へ | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

Steamアワード 2018はPUBG
出典 www.aflo.com

ユーザー投票の強いアワードの性質を反映してか、受賞作品は『Grand Theft Auto V』や『ウィッチャー3 ワイルドハント』、『レインボーシックス シージ』など人気作品が並ぶ顔触れ。そしてゲーム・オブ・ザ・イヤーの栄冠に輝いたのは爆発的なバトルロイヤルブームの火付け役『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』
出典 「Steamアワード 2018」各賞が発表、GoTYは『PUBG』! | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

■3月…マイクロソフトやベセスダがSteam展開に本腰を入れる


Halo: The Master Chief Collection PC Announcement

PC版では各作品とも解像度・フレームレート変更のほか、視野角変更やマウス・キーボード操作にも対応しています。『Halo』の本編シリーズにおいては、PC版は『Halo 2』を最後にリリースされておらず、本編のSteam販売も初となります。
出典 Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

PC版マスターチーフコレクションはHalo: Reachを皮切りに、作品ごとに個別購入できるかたちで段階的にリリース予定。リーチのあとはオリジナルのリリース順に追加する計画
出典 マイクロソフト、SteamでHalo本編シリーズを販売。Halo: Reachも初登場 – Engadget 日本版

Halo: The Master Chief Collection on Steam


週間Steam通信#128「ベセスダがSteam復帰!…にしても今週配信されたゲーム多すぎる」

今後も複数の新作タイトルを抱えているベセスダですが、いくつかのPC版タイトルに関してはSteamでも販売予定。
出典 『RAGE 2』『Doom Eternal』などベセスダ新作はSteamでも発売―『Fallout 76』は2019年内に | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

自社プラットフォームBethesda.net専売だった『Fallout 76』に加え、今後発売予定の『RAGE 2』、『DOOM Eternal』、『Wolfenstein: Youngblood』、『Wolfenstein: Cyberpilot』といったタイトル群もSteamで併売される
出典 ベセスダ・ソフトワークスがPC版配信のSteam復帰を発表。『RAGE 2』、『Doom Eternal』、『Fallout 76』などが登場予定 – ファミ通.com

GDC2019基調講演
出典 www.gettyimages.com

Epic Gamesストアはスタッフがじっくり厳選したタイトル群によるプラットフォームをまず目指そうとしていて、タイトル数が多すぎないストア(Uncrowded Marketplace)であることを売りのひとつにしているほどだ。なお、スタッフの手が足りない現状は特に絞った展開になっているものの、2019年中に段階的に拡大していきたいとのこと。
出典 SteamとEpic Gamesストア、2社の講演で見えてきたスタンスの違い。GDC講演をリポート【GDC 2019】 – ファミ通.com

Steam上でのスタジオとプレイヤーコミュニティとの繋がりのサポートが弱かった中で、海外ゲームスタジオではチャットアプリのDiscordなどを活用している所も増えている。Valveとしても、この機能でスタジオのコミュニケーション方法をSteamに引き戻したいのではないだろうか。
出典 SteamとEpic Gamesストア、2社の講演で見えてきたスタンスの違い。GDC講演をリポート【GDC 2019】 – ファミ通.com

■4月…和ゲーが次々とリリースされる


Steam史上初のゴールデンウイークセール(gws2019)がやってきたよぉ!

Valveが,和製英語の「ゴールデンウィーク」をどのくらい理解しているのかはかなり謎だが,セールそのものはウェルカムなので全然オッケーだ。
 バンダイナムコエンターテインメントやカプコン,スクウェア・エニックスなど,基本的に日本のパブリッシャやデベロッパの作品がセールの対象になっており(一部,例外あり),2019年発売の「バイオハザード RE:2」や,2018年の「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION」など,新作・準新作も少なくない。当然ながら、日本語に対応しているタイトルがやたらと多いのも嬉しいポイント
出典 Steamで日本のパブリッシャ/デベロッパのゲームを対象にした「ゴールデンウィークセール」を開催中 – 4Gamer.net

4月10日、カプコンは,法廷バトルゲーム「逆転裁判123 成歩堂セレクション」の,PC版の配信を,Steamで開始
出典 PC版「逆転裁判123 成歩堂セレクション」の配信がSteamで本日スタート。裁判関連書籍が当たるTwitter企画も – 4Gamer.net

10日 スパイク・チュンソフトは、『ザンキゼロ』のPC(Steam)版を販売
出典 Steam版『ザンキゼロ』が配信開始。早期購入キャンペーンで特典“オリジナルサウンドトラック”が付属 – 電撃オンライン

4月16日,ファンタジーRPG「OCTOPATH TRAVELER」のPC版を,日本時間6月8日1:00よりSteamで配信すると,公式Twitterで発表
出典 PC版「OCTOPATH TRAVELER」が6月8日にSteamで配信決定。8人の主人公による「オルステラ大陸」の冒険譚 – 4Gamer.net

24日,落ちものパズルゲーム「ぷよぷよ」シリーズの最新作「ぷよぷよeスポーツ」のPC版となる「Puyo Puyo Champions」
出典 「ぷよぷよ」シリーズ最新作「Puyo Puyo Champions / ぷよぷよeスポーツ」,Steamでの配信が5月8日にスタート – 4Gamer.net

■5月…ついにiPhoneでもSteamリンクが登場、チャットアプリも


Steamリンク(Steam Link)iOS版の設定方法と使い方解説【初めてのSteam#53】

およそ1年前、ValveはSteam Linkと呼ばれるアプリケーションを開発していることを発表した。macOS、Windows、Linux用に作られたSteamゲームをiOSやAndroid端末でプレイできるアプリだ。ストリーミングというマジックを使うことで、ローカルネットワーク上のコンピューターに重労働を任せることができる。
出典 Steam LinkがiOSに対応しSteamゲームがプレイ可能に | TechCrunch Japan

Steam LinkアプリのAndroid版は2018年5月にリリースされましたが、iOS版はビジネス上の競合を理由に承認を拒否されていました。リモートとはいえ、Steam内でゲームの購入を行えるのがAppleのガイドライン違反となっていた
出典 ついにiPhoneでもSteamリモートプレイが。iOS版Steam Linkアプリが1年越しで公開 – Engadget 日本版

最近注目されているクラウドストリーミングゲームとは少し違いますが、すでにSteamでゲームを大量に保有している人にとっては、どこでゲームをするかの選択肢が増える、嬉しいニュース
出典 ついにiPhoneでもSteamリモートプレイが。iOS版Steam Linkアプリが1年越しで公開 – Engadget 日本版


Steamチャット(Steam Chat)機能の使い方解説【初めてのSteam#51】

Steam Chatはモバイル分野へと進出した。Valveによれば、Steam ChatアプリのiOS版とAndroid版がすぐに利用可能になるという。
出典 ValveがSteam ChatのiOS/Android向けアプリをリリース | TechCrunch Japan

本アプリには、デスクトップクライアントのチャットと同様の機能が多数実装。フレンドリストからフレンドの状況を確認したり、招待リンクを送信するなど従来のような使い方が可能なほか、カスタムが可能な通知やグループチャットなどモバイルならではの恩恵を受けることが可能
出典 招待やグルチャが可能な「Steamチャット」モバイルアプリ版が登場―VCも実装予定 | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

■6月…BlueStacksがSteamへのパブリッシングを支援


BlueStacksがSteamに参入…AndroidゲーがSteamで遊べる時代に

Androidゲーム向けPCプラットフォーム「BlueStacks」を運営するBlueStack Systemは、「Steam」などへのモバイルゲームのパブリッシング支援SDK「BlueStacks Inside」を発表
出典 Androidエミュレータ「BlueStacks」、Steamなどに向けたパブリッシングを支援へ | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

「BlueStacks Inside」は、「BlueStacks」の技術を応用し開発されたもので、メーカーは当該SDKをゲームに組み込むことで莫大な開発コストや時間を掛けることなくモバイルゲームをPC展開することが可能
出典 Androidエミュレータ「BlueStacks」、Steamなどに向けたパブリッシングを支援へ | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

Pirates Outlaws on Steam

火柴人联盟2 on Steam

Destiny 2がSteamへ
出典 www.amazon.co.jp

Bungieは、SFアクションRPG『Destiny 2』を2019年9月17日に、『Destiny 2: 新たな光』として基本無料化することを発表しました。

新規プレイヤーへの敷居を下げることを目的とした無料版『Destiny 2: 新たな光』では、『Destiny 2』の基本モード、アクティビティ、報酬などなど、イヤー1のコンテンツやPvPを楽しめます。また、同日には新たな拡張となる「影の砦」も配信予定。
出典 『Destiny 2』9月に基本無料化!新拡張「影の砦」、PC版のSteam移行も発表 | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

本作のPC版は、以前のパブリッシャーのActivisionとの関係で採用されていたBattle.netから、ValveのSteamでの提供に切り替わる。もちろん使用していたキャラクターや装備なども移行できる
出典 『Destiny 2』新拡張“影の砦”とともに無料版を公開。クロスセーブ対応や、PC版のSteamへの移行、Stadiaへの参入予定なども合わせて発表 – ファミ通.com

■7月…シェンムー3騒動勃発、バーチャルキャストがSteamに対応、Steamラボも開始


週間Steam通信#139「シェンムー3のEpic独占配信で賛否巻き起こる、ファンへの裏切り行為?!」

急きょPC版がEpic Gamesストアの独占配信になると発表され、Steam版を望むバッカーから批判が殺到
出典 PC版「シェンムー3」、Steam版を希望する出資者に返金を約束。費用はEpic持ち – Engadget 日本版

Epic GamesストアとのPC版に関する提携は、パブリッシングのパートナーであるDeepSilverとの協議により決定されたとのこと。そしてEpic Gamesにはプロジェクト当初より、本作の開発で採用しているUnreal Engine4の提供を含め、ゲーム制作に対して様々なサポートを受けたとの背景
出典 PC版「シェンムー3」、Steam版を希望する出資者に返金を約束。費用はEpic持ち – Engadget 日本版

PC版を希望するユーザーは発売から1年はEpicキーのみでの提供となり、1年経って希望するユーザーにはSteamキーを配布するということ
出典 『シェンムー3』Steamキーは発売後1年間提供できず…バッカーへの返金対応も明らかに | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

バーチャルキャスト
出典 www.flickr.com

ドワンゴなどが出資するバーチャルキャストは7月29日、VRライブ配信サービス「バーチャルキャスト」を、「Steam」での配信に対応させた。Steamは、米Valveが手掛けるPCゲーム・ソフト配信プラットフォーム。海外ユーザーがバーチャルキャストを手軽に利用できるようになり「国境の垣根を越えた交流を楽しめる」(バーチャルキャスト)としている。
出典 バーチャルキャスト、Steam配信に対応 新機能も拡充 – ITmedia NEWS

今後は既存事業の拡充のみならず、海外展開を見据えたサービスも提供する
出典 VRコミュニケーション「バーチャルキャスト」がSteamに対応–新機能の追加も – CNET Japan


Steamラボとは何か? 今後のブラッシュアップにも期待!

Valveは7月11日、Steamの実験的機能をユーザー向けに公開するSteam Labsを発表した。ディスカバリー機能、機械学習などの分野における実験的機能を一般ユーザーが任意で試すことができる。
出典 Steamの実験的機能が試せるSteamラボ登場。機械学習を用いたオススメ表示や、1作6秒に凝縮したミニ予告編 | AUTOMATON

目玉となるのは「インタラクティブレコメンダー」。ユーザーのプレイ時間履歴などをもとに、ニューラル・ネットワークモデルの機械学習を進め、ユーザーにオススメ表示するゲームの最適化を図るという機能
出典 Steamの実験的機能が試せるSteamラボ登場。機械学習を用いたオススメ表示や、1作6秒に凝縮したミニ予告編 | AUTOMATON

Steam Labs – Interactive Recommender

■8月…中国版Steam「蒸気平台」発表


出典 www.aflo.com

「蒸気平台」は中国のゲーマーだけを対象とし、完全に既存のSteamとは別サービスとして、ローカルで高速なサーバー、すべてローカライズ済みのコンテンツなどで中国のユーザーがより良い体験をできるようにするというもの。長期的にはコミュニティやフォーラムなども実装される
出典 Steam中国版続報!正式名称「蒸気平台」、ローンチタイトルなど発表―独占戦略は取らず | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

すでにローンチタイトルにはBaka、コーエーテクモゲームス、サイバーコネクトツー、スパイク・チュンソフト、セガゲームス、デジカ、(五十音順)といった日本企業のブースが並んでいる
出典 中国専用“Steam China”のローンチタイトルを初披露。セガゲームスやコーエーテクモなども参入 – ファミ通.com

■9月…新ライブラリ機能のオープンベータを開始


Steam新ライブラリ(β版)の徹底解説…「久しぶりにプレーしてみようかな?」と思わせる充実の機能【初めてのSteam#55】

ユーザーインターフェイスが大きく刷新されたライブラリ機能では、各ゲーム項目でフレンドのアクティビティが表示されるようになったほか、直近のゲームプレイ時のスクリーンショット、トレーディングカードの収集状況などが追加
出典 Steam新ライブラリ機能ベータ開始!ストアタグでのフィルタや自動カテゴライズにも対応 | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

コレクションについては、ドラッグ・アンド・ドロップで追加できる手軽さも魅力。これまでの機能に新たな要素が追加されており、膨大なライブラリにおいて遊びたいゲームが見つかりやすくなっている。
出典 Steamの新ライブラリがベータリリース。これまでの機能を引き継ぎつつ、より便利かつ多彩に | AUTOMATON

ストアページやコミュニティハブにも、かなり手軽にアクセスしやすくなった印象だ。大きくテコ入れされたというわけではないが、ゲームの画像を背景に透過表示させデザイン性を高めつつ、重要な情報の表示をしている。
出典 Steamの新ライブラリがベータリリース。これまでの機能を引き継ぎつつ、より便利かつ多彩に | AUTOMATON

■10月…EAがSteamに復帰!、Remote Play Togetherの提供開始


OriginのゲームがSteamで遊べるように…『Apex Legends』や『Battlefield V』も来る!

海外ゲームパブリッシャー大手のElectronic Arts(EA)が、Valveとの提携を発表、EA作品をゲームプラットフォームSteam上で販売開始(再開)すると発表
出典 EA、ついにSteamに復帰。STAR WARSゲームや定額サービス「EA Access」も提供予定 – Engadget 日本版

「Star Wars」タイトル以降も、数カ月に「The Sims™ 4」や「Unravel™ Two」といった大型タイトルも配信予定。さらに「Apex Legends™」、「FIFA 20」、「Battlefield™ V」などのマルチプレイ作品は来年より提供を開始し、OriginとSteamのプレイヤーが一緒にプレイできると謳われています。
EA Accessに関しても「Steam史上初、そして唯一のゲームサブスクリプション」であることが強調
出典 EA、ついにSteamに復帰。STAR WARSゲームや定額サービス「EA Access」も提供予定 – Engadget 日本版

The Steam Remote Play Together Sale & Event

ローカルマルチプレイヤーゲームは、1台の端末・ゲームに複数のコントローラーを接続し、ソファーなどに座りながら、複数の人と同じ空間でプレイするゲームです。Remote Play Togetherは、これをネット越しに実現するもの。
出典 Steamベータ版、ローカルマルチプレイヤーゲームをオンラインで遊べる新機能を追加 – Engadget 日本版

ゲーム本体が必要なのはホストのみ。リモートプレイなので、Windows、Mac、Linuxのプラットフォームに関係なくプレイできます。
出典 Steamベータ版、ローカルマルチプレイヤーゲームをオンラインで遊べる新機能を追加 – Engadget 日本版

■11月…ValveINDEXの国内販売開始、初のドラクエ関連作品も

Valveが手がける高精細VRゴーグル『VALVE INDEX』(バルブ・インデックス)の、日本での発売が発表されました。日本での取り扱いはDEGICA(デジカ)が行ないます。
出典 高精細VRゴーグル、VALVE INDEX日本版が発表。フルキットは12万5800円から – Engadget 日本版

INDEXの特徴は、Valveが展開するVR仕様『SteamVR』の"公式ハードウェア"と呼べる製品となっている点、そしてコンシューマー用のVRゴーグルとしては最高解像度とフレームレートが高く、残像が少ない点。
出典 高精細VRゴーグル、VALVE INDEX日本版が発表。フルキットは12万5800円から – Engadget 日本版

販売チャネルは現在Degica FAN、イートレンド、ツクモ、ドスパラ、パソコン工房、ビックカメラグループ(ビックカメラ、ソフマップ、コジマ)、無線パーツでの取り扱いを予定している。
VALVE INDEX購入者には、Valveより発表された新作VRゲーム「Half-Life: Alyx」のSteam CDキーが、特典として配布される
出典 ASCII.jp:Steam運営のValveが生んだハイスペックVRデバイス「VALVE INDEX」が国内発売


出典 www.aflo.com

スクウェア・エニックスは、ブロックメイクRPG『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』をSteamにて2019年12月11日に発売することを発表、ストアページを公開
出典 『ドラゴンクエストビルダーズ2』がSteamに登場!Steam『ドラクエ』関連日本語初対応 | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』の後日譚をベースに、プレイヤーはモノづくりの力を持つビルダーとなって、様々な物を作りながら冒険を繰り広げていきます。
出典 『ドラゴンクエストビルダーズ2』がSteamに登場!Steam『ドラクエ』関連日本語初対応 | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

DRAGON QUEST BUILDERS™ 2 on Steam

■12月…Halo: The Master Chief Collection発売、そして2020年へ


Halo: Reach – X019 – The Master Chief Collection for PC ローンチ トレーラー

Microsoftは2010年に発売された『Halo: Reach』の現世代リマスター版をPCおよびXbox One向けに配信を開始しました。
出典 PC/Xbox One版『Halo: Reach』配信開始! Steamだけでピーク時約16万人がプレイ、日本語吹替・字幕対応 | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

本作のPC版のリリースを受けて、Steamでは同時接続プレイヤー数が16万人以上を記録していたことが明らかになった(Steam統計)。これはSteam全体で4位にあたる数字。
出典 『Halo: Reach』PC版発売。Steamでは同時接続プレイヤー数が16万人を突破し、全体の4位に食い込む | AUTOMATON

Steamでおすすめ…2020年に配信が決定している主なゲーム111作品を一挙公開 | Steamおすすめサマリー

初めてSteamを利用する方のためのSteam解説本

created by Rinker
¥500 (2020/10/31 02:35:25時点 Amazon調べ-詳細)

無料で読む方法はこちら

週間Steam通信をNOTEでまとめてます。