週間Steam通信#56(2017年10月28日~11月3日)

2020年10月3日

「仁王 Complete Edition」『大神 絶景版』「Oure」「ワールドオブファイナルファンタジー」『TINY METAL』「Last Standard 」「メルカバ・アバランチ」「魔女と偽りの影」『東方天空璋』『東方憑依華』

・「仁王 Complete Edition」のSteam版PVが公開された


Nioh Steam Trailer

映像では「仁王」ゲーム本編の紹介に加え、「Complete Edition」に収録される追加DLC第1弾「東北の龍」、第2弾「義の後継者」、第3弾「元和偃武」の一部を紹介。
出典 「仁王 Complete Edition」、PS4/Steam版のトレーラーを公開! – GAME Watch

トレイラーでは,仁王本編の内容に加え,有料DLCである「東北の龍」「義の後継者」「元和演武(げんなえんぶ)」で,主人公・ウィリアムが新たな武将や妖怪達との争いに身を投じていく様子を確認できる。
出典 「仁王 Complete | ニコニコニュース

なお仁王 Complete Editionは,PC(Steam)とPS4に向けたダウンロード版が11月7日に配信開始,そしてPS4向けのパッケージ版が12月7日に発売となる予定
出典 「仁王 Complete | ニコニコニュース

Nioh: Complete Edition / 仁王 Complete Edition on Steam

・『大神 絶景版』のショートムービーが展開


PS4/Xbox One/PC『大神 絶景版』筆しらべ 画龍

カプコンは、12月に発売予定のプレイステーション 4/Xbox One/PC(Steam)用ネイチャーアドベンチャー「大神 絶景版」において、11月1日より6週連続で、本作の特徴である13種類の「筆しらべ」と、アマテラスが退治する数多の妖怪たちの一部を、プレイに役立つコツも交えてショートムービーで紹介していく。
出典 「大神 絶景版」、妖怪退治のコツなどを紹介したPVを6週連続で公開! – GAME Watch

ショートムービー「筆しらべ 画龍」では、アマテラスが最初に出会う筆神「蘇神(よみがみ)」と蘇神が司る筆しらべ「画龍」の特徴を紹介。失われたものを蘇らせることができる「画龍」は、なくなった部分を筆で塗りつぶすことで元の姿を取り戻す。ものをなくして困っている人を助けたり、探索などで活躍する。
出典 「大神 絶景版」、妖怪退治のコツなどを紹介したPVを6週連続で公開! – GAME Watch

OKAMI HD / 大神 絶景版 on Steam

・龍になって大空を駆け回るパズルアクション「Oure」が間もなく配信開始


Oure | PGW 2017 Reveal Trailer | PS4

「Shadow of the Beast」などで知られるHeavy Spectrum Entertainment Labsの新作である「Oure」は,両親のうっかりした間違いによって別世界に入り込んだ主人公の少年が,龍に変身できる能力を知ることからストーリーが始まる。
出典 龍になって大空を駆け回るパズルアクション「Oure」が日本語対応で配信開始 | ニコニコニュース

上田文人作品の『ワンダと巨像』やthatgamecompanyが手掛けた『風ノ旅ビト』を彷彿とさせる幻想的なグラフィックが特徴のひとつ
出典 https://www.inside-games.jp/article/2017/11/02/110606.html

その能力の起源をさまざまなパズルをとおして探っていくとともに,独り立ちして成長していく主人公の様子を描き,大人から子供まで楽しめる温かい作風になっている
出典 龍になって大空を駆け回るパズルアクション「Oure」が日本語対応で配信開始 | ニコニコニュース

Steam版も11月15日より配信予定。ストアページによると日本語にも対応しています。
出典 https://www.inside-games.jp/article/2017/11/02/110606.html

Oure on Steam

・ワールドオブファイナルファンタジーが22日に配信決定


World of Final Fantasy – Coming to STEAM on 21.11.17

スクウェア・エニックスは11月1日,PlayStation 4とPlayStation Vitaで展開されている「WORLD OF FINAL FANTASY」(ワールド オブ ファイナルファンタジー)の,PC版の配信を,Steamで11月22日に開始すると発表した。
出典 PCでも「ノセノセ」して冒険。「WORLD OF FINAL FANTASY」の配信がSteamで11月22日にスタート – 4Gamer.net

「ワールド オブ ファイナルファンタジー」は、「ファイナルファンタジー」シリーズ初となる、モンスターを仲間にして育成していくRPGで、これまでの「ファイナルファンタジー」シリーズで登場したキャラクターが、可愛らしいサイズで登場する。
出典 「ワールド オブ ファイナルファンタジー」Steamにて配信決定 – GAME Watch

本作はミラージュというモンスターを「ジェム化」して捕獲し、これらは小さくなったり大きくなったりして、「ノセノセ」(積み重ねる)できるのが大きな特徴
出典 「ワールド オブ ファイナルファンタジー」11月22日からSteamに登場

今回発売されるWindows版では、11月28日までDay One Editionとして発売され、限定特典として「壁紙セット」と「オリジナルサウンドトラック」が付属する。
出典 「ワールド オブ ファイナルファンタジー」Steamにて配信決定 – GAME Watch

WORLD OF FINAL FANTASY® on Steam

・ソニー・ミュージック・エンターテインメントの新会社に注目

ソニー・ミュージックエンタテインメント(以下SME)は10月17日、インディーゲームを中心としたゲームパブリッシング事業を行う新レーベル『UNTIES(アンティーズ)』の発足を発表。
出典 SMEがインディーゲームを中心としたゲームパブリッシングレーベル『UNTIES』を発足 PS4/Switch/PC含むリリース予定の4タイトルが発表される – エキサイトニュース(1/3)


TINY METAL – PAX WEST 2017 Trailer

「UNTIES(アンティーズ)」からのリリース予定タイトルの第一弾となる『TINY METAL(タイニーメタル)』。気鋭のクリエイター・由良浩明が率いる開発スタジオ「AREA35」が手掛ける,本格戦略シミュレーションゲーム
出典 SMEのレーベル「UNTIES(アンティーズ)」がParis Games Weekに出展 – 4Gamer.net

PlayStation4 / Nintendo Switch / STEAM(PC)のマルチプラットフォーム展開で,11月21日(JST)に世界同時リリースを予定している
出典 SMEのレーベル「UNTIES(アンティーズ)」がParis Games Weekに出展 – 4Gamer.net


Last Standard Short PV

現役大学生による新進気鋭の若きクリエイター集団「I From Japan」が手掛ける3D アクション。SNS を介して深層心理を解析する「サイコダイブシステム」により,プレイヤーの深層心理から作り出された武器を手に戦うことができます。
出典 SMEのレーベル「UNTIES(アンティーズ)」がParis Games Weekに出展 – 4Gamer.net

ユーザー個人の個性により生成される武器での攻防が,本タイトルの最大の見どころ
出典 SMEのレーベル「UNTIES(アンティーズ)」がParis Games Weekに出展 – 4Gamer.net


Merkava Avalanche(メルカバ・アバランチ) PV kanemura

3Dロボットアクション。プレイヤーは戦車型の騎兵メカを操作。ドッヂやワイヤーを駆使して敵機に近づき、射撃やグレネードなどで撃破していく戦闘システムが特徴です。
出典 SMEがインディーゲームを中心としたゲームパブリッシングレーベル『UNTIES』を発足 PS4/Switch/PC含むリリース予定の4タイトルが発表される – エキサイトニュース(1/3)

・コミケで話題の「魔女と偽りの影」が11月8日より配信


魔女と偽りの影

「魔女と偽りの影」は、「影の魔女シャッテ」と「使い魔ランタ」を操作して影鬼と戦うステージ踏破型3D影踏みアクションゲーム
出典 光と影を使った本格3Dアクションが楽しめるインディータイトル「魔女と偽りの影」が11月8日よりSteamで配信|Gamer

このゲームの最大の特徴は、影を使った多彩なアクション。影を縫い止めて動きを止たり、影の中を移動したり、はたまた影に潜り込んで敵を操ったり、ほかにもさまざまなアクションを駆使してステージを攻略していく。
出典 光と影を使った本格3Dアクションが楽しめるインディータイトル「魔女と偽りの影」が11月8日よりSteamで配信|Gamer

コミックマーケット92で頒布した「魔女と偽りの影」のSteam版であり、現在はDLSite.com、メロンブックスDLでのダウンロード販売、メロンブックス、とらのあなでの委託販売も行っている。
出典 光と影を使った本格3Dアクションが楽しめるインディータイトル「魔女と偽りの影」が11月8日よりSteamで配信|Gamer

Schatte ~The Witch and the Fake Shadow~ on Steam

・『東方天空璋』『東方憑依華』のSteam配信決定


東方天空璋 EXTRA ノーミスノーボムノー季節解放フルスペカ 霊夢

人気弾幕シューティング『東方』シリーズを手がけるZUN氏は、自身がパーソナリティを務めるWebラジオ番組「2軒目から始まるラジオ」内にて、Steam版『東方天空璋』『東方憑依華』を発売予定であることを発表
出典 https://www.inside-games.jp/article/2017/10/31/110567.html

Steam版『東方天空璋』は“近いうち”、遅くとも『東方憑依華』Steamリリースまでには発売予定とのこと。『東方憑依華』Steam版は2018年初頭にはリリース予定となっています。いずれも日本語対応予定の模様
出典 https://www.inside-games.jp/article/2017/10/31/110567.html

Steamでは『Half-Life』シリーズを始めとした自社二次創作作品の配信・販売が既に行われている他、第三者作品の二次創作の配信も例が既に存在しており、『東方天空璋』Steam版のリリースによって、国内インディー作品の多くを占める『東方』シリーズ二次創作のSteam配信についても道が拓けるのかも知れません。
出典 https://www.inside-games.jp/article/2017/10/31/110567.html


週間Steam通信(2017年11月3日)#56「長く遊べるF2Pのゲームを始めてみませんかという呼びかけ」

初めてSteamを利用する方のためのSteam解説本

created by Rinker
¥500 (2021/05/05 19:40:47時点 Amazon調べ-詳細)

無料で読む方法はこちら

週間Steam通信をNOTEでまとめてます。