週間Steam通信#51(2017年9月23日~9月29日)

2022年4月10日

Fall of Light、Clicker Heroes 2、Figment、Detention、Fear Effect、ダンガンロンパV3、RUINER、BLUE REFLECTION、Total War: Warhammer 2 、ダウンタウン乱闘行進曲 かちぬきかくとうSP、GOKEN

・Fall of Lightが9月29日に配信を開始


Fall of Light – Launch Trailer (2017)

本作は『DARK SOULS』と『ICO』にインスパイアされた斜め見下ろし視点のアクションRPG。
出典 『Fall of Light』Steam配信開始。『DARK SOULS』と『ICO』にインスパイアされた父と娘のアクションRPG | AUTOMATON

慎重さが問われるスタミナ制の戦闘システムや、観察力により罠を見破り隠し要素を探し出させるレベルデザイン、雑なプレイでは突破できないシビアな難易度などを特徴とした「ソウルズライク」に、非力な少女の手を引き、共に旅する『ICO』のゲームプレイを交えた作品
出典 『Fall of Light』Steam配信開始。『DARK SOULS』と『ICO』にインスパイアされた父と娘のアクションRPG | AUTOMATON

両手持ちの剣など武器は10種類ほど用意されており,また戦闘スタイルとしては約20種類あるという。
出典 ストーリーを重視したイタリア生まれのダンジョン探索型アクションRPG,「Fall of Light」の無料デモが公開 – 4Gamer.net

一度にたくさんの敵と戦うのではなく,強力な敵を相手にさまざまな戦法を用いて戦っていくあたりに,その影響が見て取れそうだ。
出典 ストーリーを重視したイタリア生まれのダンジョン探索型アクションRPG,「Fall of Light」の無料デモが公開 – 4Gamer.net

Save 10% on Fall of Light on Steam

・『Clicker Heroes 2』が発表された


Clicker Heroes 2 Teaser

『Clicker Heroes 2』を正式発表した。すでにSteamストアページがオープンしており、発売時期は2018年と記載されている。
出典 カルト的人気を誇るクリッカーゲームの続編『Clicker Heroes 2』発表、2018年にリリースへ | AUTOMATON

正式発表にあわせてティザー映像が公開されており、映像では「誰も求めていない続編」「負けも勝ちもない」「一本道」と笑いを誘う自虐的な宣伝文句が並んでいる。
出典 カルト的人気を誇るクリッカーゲームの続編『Clicker Heroes 2』発表、2018年にリリースへ | AUTOMATON

続編ではクォータービューが採用されており、敵を倒すたびに右奥へ進んでいく形になるようだ。弱い敵を一斉に倒す際にはかなり派手なエフェクトが発生しており、前作では地味であった演出面での爽快感が強化されそうだ。
出典 カルト的人気を誇るクリッカーゲームの続編『Clicker Heroes 2』発表、2018年にリリースへ | AUTOMATON

Clicker Heroes 2 on Steam

・実況はじめました『Figment(フィグメント)』


Figment – Launch Trailer

Bedtime Digital Gamesは9月22日、『Figment(フィグメント)』をSteamで発売した。価格は1980円で、9月30日までは1683円で購入可能。本作は、人間の心の中を舞台にするミュージカル・アクション・アドベンチャーゲームだ。日本語表示に対応している。
出典 ミュージカル・アクションADV『Figment』Steamで発売。人の心を表すシュールな世界で恐怖に立ち向かう、日本語対応 | AUTOMATON

ゲームではバトルとパズルが大きな要素として存在し、ダスティはドッジロールでモンスターの攻撃をかわしながら、剣を武器にして戦う。
出典 ミュージカル・アクションADV『Figment』Steamで発売。人の心を表すシュールな世界で恐怖に立ち向かう、日本語対応 | AUTOMATON

そしてステージの中にはさまざまな仕掛けが用意されている。たとえば機械を動かすために充電済みのバッテリーを探してきたり、エレベーターを動かすための歯車を別のエレベーターから持ってきたりなどがある。
出典 ミュージカル・アクションADV『Figment』Steamで発売。人の心を表すシュールな世界で恐怖に立ち向かう、日本語対応 | AUTOMATON

Figment(フィグメント)実況#1「絵画のような不思議な世界観が魅力のアクションパズルゲーム」 – YouTube

・Detention~返校~の日本語版が10月に登場


返校 Detention 發售宣傳影片

「Detention」は1960年代の戒厳令が敷かれていた台湾を舞台としている2D横スクロールのホラーアドベンチャー
出典 台湾の暗黒時代を背景にしたホラー「Detention」インタビュー – 返校 -Detention-

ストーリーではホラーの背景に中国国民党の圧政が敷かれていた1960年代の台湾が描かれており、内戦の相手だった中国共産党が支配する現状の中国で「仇敵の行った政治的抑圧」を描くという、なんともいえない内容を扱った作品
出典 「ゲームで中国人が台湾の歴史を知った」あの国民党時代を描く台湾製ホラゲ『返校』を出した中国パブリッシャーが、共産党の検閲との駆け引きを語る【中国ゲーム事情レポ】 | ニコニコニュース

「一番心配したのは翻訳ですね。翻訳の過程で色々な意味がなくなってしまったら、ストーリーのメッセージがプレイヤーに伝わらなくなりますから。しっかりした翻訳が最も大事です。今、良質な翻訳ができているという自信を持っているので、日本でも良い感じで受け入れてもらえるのではないかと考えています。」
出典 台湾の暗黒時代を背景にしたホラー「Detention」インタビュー – 返校 -Detention-

PLAYISMがローカライズを担当。10月にSteamで販売される予定
出典 台湾の暗黒時代を背景にしたホラー「Detention」インタビュー – 返校 -Detention-

Detention on Steam

・『Fear Effect』のリメイク版と最新作が2018年に登場する


Fear Effect Sedna – Announcement teaser

『Fear Effect』は2000年にPS1で発売されたアクション・アドベンチャーで、犯罪組織のボスの娘を誘拐しようとする3人の傭兵の活躍を描いている。開発はKronos Digital、販売はEidos Interactiveが手掛けた。
出典 Choke Point | スクエア・エニックスが『Fear Effect』のリメイクを2018年に発売へ

シリーズとしては2002年に続編となる『Fear Effect 2: Retro Helix』が海外でリリース、3の開発も進行していたようですが、Eidosの大規模な予算再編の影響を受けて開発中止。その後Kronos Digital Entertainmentは閉鎖され、続編の話も途絶えていました。
出典 https://www.gamespark.jp/article/2016/04/08/65015.html

今回発表されたフル・リメイク『Fear Effect Reinvented』は、フランスのスタジオSusheeが開発を手掛ける。彼らは現在、同シリーズの完全新作『Fear Effect: Sedna』の開発も同時に進行させている
出典 Choke Point | スクエア・エニックスが『Fear Effect』のリメイクを2018年に発売へ

Susheeの創業者であるBenjamin Anseaumeによると、「Fear Effect Sedna」のKickstarterキャンペーンにおけるファンのサポートが本作の認知度を上げ、そのおかげで原作を作り直す機会がやってきた。
出典 「Fear Effect」のリメイク、2018年に発売予定と発表 – Fear Effect Reinvented

Fear Effect Sedna on Steam

・『マジックポーション・デストロイヤー』 Steam/PLAYISMで配信開始


マジックポーション・デストロイヤー PV | PLAYISM

「マジックポーション・デストロイヤー」は、「強化魔法」や「魔法薬」を駆使し、全30ステージから成る魔女の館からの脱出を図るストラテジーゲーム
出典 恐怖の館から脱出を目指すストラテジーゲーム「マジックポーション・デストロイヤー」がSteam/PLAYISMにて配信開始!|Gamer

魔女の館に囚われし主人公の名は、クローディア。彼女は、開発者Artifactsさまの前々作『マジックポーション・ストーリーズ』で登場した人物であり、本作は、前作・前々作から12年前の世界が舞台
出典 ストラテジーゲーム「マジックポーション・デストロイヤー」がPLAYISMとSteamで配信開始 – 4Gamer.net

プレイヤーが行うことができるのは、クローディアの強化です。クローディアは敵を倒すことなどでMPを手に入れることができ、このMPを消費することでHPや攻撃力、MPの上限値など様々なステータスを強化することができます。戦況に応じて、効果的なパワーアップを図りましょう。
出典 ストラテジーゲーム「マジックポーション・デストロイヤー」がPLAYISMとSteamで配信開始 – 4Gamer.net

条件によってエンディングは5つに分岐。無事脱出を果たし、最高の結末を目指そう。
出典 恐怖の館から脱出を目指すストラテジーゲーム「マジックポーション・デストロイヤー」がSteam/PLAYISMにて配信開始!|Gamer

Save 10% on Magic Potion Destroyer on Steam

▼2017年9月23日~9月29日に発売された話題のゲーム


Spooky Pack DLC Overview | Planet Coaster
http://store.steampowered.com/app/710490/Planet_Coaster__Spooky_Pack/


Danganronpa V3: Killing Harmony – Ultimate Roll Call #3 | PS4, PS Vita
http://store.steampowered.com/app/567640/Danganronpa_V3_Killing_Harmony/


RUINER – Ugly Heart Trailer
http://store.steampowered.com/app/464060/RUINER/


2017年3月30日発売!【BLUE REFLECTION】プロモーションムービー 第1弾
http://store.steampowered.com/app/658260/BLUE_REFLECTION__BLUE_REFLECTION/


Total War: Warhammer 2 Review
http://store.steampowered.com/app/594570/Total_War_WARHAMMER_II/


PlayStation®4ダウンロード専用ソフト 『ダウンタウン乱闘行進曲 かちぬきかくとうSP』紹介動画
http://store.steampowered.com/app/544630/River_City_Melee__Battle_Royal_Special/


『GOKEN』 Official Trailer [Steam]
http://store.steampowered.com/app/671260/GOKEN/

▼関連リンク


週間Steam通信(2017年9月29日)#51「SupergiantのセールやTGS2017のビッグタイトル新作情報などを配信」

東京ゲームショウで明らかになったSteamビッグタイトルのその後 – NAVER まとめ

Supergiantの神ゲーたちを満喫しよう – NAVER まとめ

週間Steam通信#50(2017年9月16日~9月22日) – NAVER まとめ

初めてSteamを利用する方のためのSteam解説本

created by Rinker
¥500 (2022/09/26 16:33:54時点 Amazon調べ-詳細)

無料で読む方法はこちら

週間Steam通信をNOTEでまとめてます。