2019年版「Steam初心者のための使い方入門」①~Steamを始めてみよう~

2019年8月14日

これからシリーズでSteam初心者のための使い方入門「初めてのSteam」を書いていきます。

このシリーズ自体は3年前からYoutubeで公開し、現在40以上の動画がありますが

活字ベースならではの良さを生かしたプレゼンをしていこうかなと考えています。

クライアントのダウンロード

ユーロ
 何事も初めての作業はエネルギーが要りますよね。でも、そんなに難しくないのでリラックスしてゆっくり作業を始めてください。

 

まずSteamへようこそページに行きましょう。

Steamをインストール(2019年1月現在容量約1.5Mb)します。

ダウンロードした.exeファイルを実行すると?

専用ウィンドウが立ち上がります。【次へ】をクリック

その後、ライセンス契約書の13歳以上にチェックを入れ【次へ】をクリック
(一度クライアントをDLした方は表示されません)

言語を選び【次へ】をクリック

インストール先フォルダ(画像はデフォルト)

を指定します。

この時に注意して頂きたいのは必要なディスクスペース(容量)がSteamクライアントDL時(1.5Mb)と大きく違う点です。

もし、デフォルトに空きスペースがないなら、【参照】で余裕のあるドライブを指定すると良いでしょう。

私の場合は十分空き容量のあるドライブを指定しました。

インストールが完了するとSteamクライアントのDLは完了です。

お疲れ様でした。

Steamアカウントの作成

ダウンロードした後

「Steamログイン」ウィンドウが表示されるので、「新しいアカウントの作成」から新規アカウントを作っていきます。

ますメールアドレスを入力し、画像に示されているアルファベットを入力します。

その際、更新を何回かクリックし入力しやすいアルファベットにすると良いでしょう。

最後の13歳以上にチェックを入れ、【続行】をクリックします。

すると以下の確認待ち画面が現れます。

登録したメールアドレス件名「新規Steamアカウントのメール確認」を開き

アカウントを作成するをクリックします。

以下のメッセージが出たらOKです。

最後にログイン画面で

作成したアカウント名とパスワードを設定して【サインアップ完了】すれば終了です。

そしてクライアント側で

実際にアカウント名とパスワードを入力して、ログインできたら終了です。

お疲れ様でした(⌒∇⌒)

二段階認証の設定

二段階認証とは

アカウント入力後に指定されたワンタイムパスワードを入力することでのみログインできるようにすることで二重のセキュリティーをかけることです。

個人情報を扱うサイトや銀行でこの認証方法がみられるので、知っている方も多いのではないでしょうか。

ログインするとクライアント右上に

アカウント詳細があると思うのでそこをクリック

ページの中ほどにアカウントセキュリティがあるので

【Steamガードの管理】をクリックします

二段階認証には2つの方法があります。

1、モバイルアプリ
2、メールアドレス

推奨はモバイルアプリです。

もちろん、スマホをお持ちでないならメールアドレスでも設定できます。

上の項目を選択することでモバイルアプリをDLするように指示されます。

Applestoreの場合は

Steamで検索をかけると「SteamMobile」アプリが出ます。

DLしたら、先ほどと同じくアカウント名とパスワードでログインしてください。

二段階認証のワンタイムパスワードはアプリのSteamガードをタップすることで表示されます。

パスワードは下の青いバーがなくなるまで有効です。

二段階認証を有効にするとPCのSteamクライアントログイン時にSteamガードコ―ドを入力する画面が現れるので

ワンタイムパスワードを入力するだけです。

因みに、クライアントのアカウント詳細のセキュリティの項目は

ステ―タスにSteamガードモバイル認証で保護されていますになっているはずです。

これで、二段階認証の設定は終了です。

Steamの二段階認証にはスマホの紛失、故障によりコードが発行できない方のために事前に仮番号が発行できます。詳しくはこちらの記事をご覧ください

ユーロ
アカウントを乗っ取られないためにも二段階認証は必須と思ってください。

最後に

クライアントのダウンロード→アカウント作成→二段階認証の設定

いかがだったでしょうか?

ここまでくると、心おきなくゲームを閲覧しSteamを始めることができます。

購入の前に、次のステップはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました。


PDF