Steamウィンターセール(2019)で自分が買ったゲームを紹介してみる

2019年のSteamウィンターセールで買ったゲーム(まだ買うかもしれないが)を挙げていくだけの記事です。

参考になるかどうかはわかりませんが、

ステルスゲー好きなら買っておきたい2作品

Tom Clancy’s Splinter Cell Blacklist Standard Edition 66%¥ 2,640→¥ 897

2013年発売ですがステルスゲームとしての完成度が高くレビューの評価も高かったので買っておこうかなと。

ただ、もう少し安くなってもいいはず(‐75%)ですがまあずっとウィッシュリストに入っていてもうそろそろ買おうかなというところだったので思い切って(という値段ではないが)購入。

前作のストーリーを引き継ぐみたいですがまあ人間関係分からなくても遊べそうですし、キャンペーンも10時間ほどでクリアでき手ごろなのでゆっくりと楽しもうかなと思います。


Styx: Shards of Darkness -60%¥ 2,480→¥ 992

前作が面白かったので購入。メタスコアも72とまずまずだし、非常に好評なのでいいかなと。

こちらも11時間ほどでクリアできるストーリーモード中心なので、ぼちぼちやっていこうかなと思います。

敵AIが意外に陳腐ではなく、ちゃんと人間らしい見張りをしてくれているので、ステルスゲーとしては結構やりがいがあります。

あとは「知名度」ですね。トムクランシーとは違いこちらはゴブリンが主人公。分身を吐き出して扉をくぐらせたりすることでこのゲームにしかない操作感があり、分身を使って偵察できるのが良いですね。

見つかれば完膚なきまでにバラバラにされますが本体にとっては痛くも痒くもないので、なかなか痛快です。

ネタバレになるがワンコインディー4作品

Pilgrims -15%¥ 500→¥ 425

スマホなんかで話題になったサロモストの開発元ということで、気にはなっていたのですが今回ウィンターセールで購入。

そんなに安くないのですが元が500円なのでいいかなと。

これかなりよく考えられています。どの言語でも通用するように視覚で物語が掴めるよう工夫されていますし、この人にこのカード(アイテム)を与えたらどう行動するかを想像しながらプレーするのが楽しい。

どうやったら神父がどいてくれるか、お酒飲ませる?縄で縛る?などなどカードを当てればまるで動く絵本のように登場人物たちが動いてくれる。

何度も楽しめるようにコレクション要素もあり、多分たくさんのプレイヤーが2度3度周回しているのではないでしょうか。

Screenshot of steamcdn-a.akamaihd.net
Seen -75%¥ 205→¥ 51

大人の声に耳をふさぐ子供が主人公。

基本的には強制横スクロールアクション。時々パズル要素があり、装置を作動させないと先へ進めない。

早期アクセスのため1時間弱でクリアできるところまでしか完成していないが、なかなか面白いです。

Screenshot of steamcdn-a.akamaihd.net
Rusted Warfare -40%¥ 498→¥ 298

RTSってあまりしてこなかったのですが、このゲームは非常に評価が高かったので購入。

まあ、今購入しているゲームがネタ切れになったら紹介しようかなと思います。

Screenshot of steamcdn-a.akamaihd.net
陶芸マスター -10%¥ 410→¥ 369

これも話題になった陶芸家として自分のミュージアムを展開し収益を上げるゲーム。

ろくろを回すところから形を整え焼いて完成させるのですが、慣れると操作はそんなに難しくない。

完成した壺にうわぐすりを塗り、絵付けしていくのですが、収益を上げることでアンロックできる模様や色、粘土の種類がありやりがいがあります。

たくさんのお客さんが見に来れば嬉しいですし、どの壺が人気かの指標もあるのでこれは飾ろう、これは在庫にしておこうなど選択することでより良いものを提供できます。

展示される壺が売れたら自分の家の郵便ポストに「あなたの壺を〇円で買いたいんだ」という手紙が入り、承諾することで売却価格が即収入になる。

ミュージアムの入場料、壺の売却を元手にどんどんいい壺を焼けるようになるので結構やりがいがあります。

とある理由から買った和ゲー

Screenshot of steamcdn-a.akamaihd.net

 逆転裁判123 成歩堂セレクション -34%¥ 3,362→¥ 2,218

職場で使っている自分のノートPCが内蔵グラフィックでゲーム向きではないのですが、そこそこいい性能なので3Dじゃなかったら動くんじゃないかと思い、職場暇つぶし用に買ってみました。

1話がそんなにかからないし、きりをつけやすいので仕事に支障のない程度にプレーするゲームとしてはうってつかかなと。

龍が如く極みは動かなかったから3Dはあきらめるということで…。

まだ1話しかやってないけど、なかなか話も分かりやすく面白いゲームだなという印象です。

550円クーポンもらったので…。

とここで、5000円以上の買い物をしたので550円クーポンをもらいました。

ちょうど550円になるように計算して以下の2作品を買いました。

Screenshot of steamcdn-a.akamaihd.net

Bright Memory -33%¥ 720→¥ 482

みなまでは言いませんが一人でつくったというアレです。

『Bright Memory: Infinite』リリースまでに『Bright Memory』をご購入された方にはもれなく必ず『Bright Memory: Infinite』をリリース時にお届けいたします。

と、ニュースに書いてあるのを見てそれだったらinfiniteが発売されたらプレーしようと購入しました。

言ってみれば予約購入のようなものですね。

Screenshot of steamcdn-a.akamaihd.net
Montaro -31%¥ 98→¥ 68

あと68円…探しましたよw

で、結局MONTAROさんにしました。

これも値段の割に異常に評価が高かったので前から目はつけていたのですが今回ただで手に入るということで…。

実はEpicストアでも買ったよ

Screenshot of steamcdn-a.akamaihd.net

ANCESTORS: THE HUMANKIND ODYSSEY -50%¥4,380→¥2190‐1000→¥1,190

自分はエピックゲームストア発足時に「エピゲ部」としてエピックで買えるゲームを紹介していたのですが、まあなんかいろいろあって頓挫してました。

今回1000円引きクーポンもあったし、今年出たばかりの4380円のゲームが最終的に1190円になる値引きはやばいでしょということで、前から気になっていた猿から人間になるまでの人類史を紐解けるこのサバイバルゲームを買いました。

アサクリの開発者が手掛けたという触れ込みも気になりましたしね。

しめて6440円

こんだけ買ってドラクエビルダーズ2より安いってやっぱりSteamの大型セールはすごいですね。

皆さんも賢い、後悔のない買い物をしてくださいね。

Steamだけでなく外部サイトを利用してもいいでしょうし、選択肢はたくさんあると思います。

また、Youtubeのコメント欄にでも買ったゲームがあれば教えてください。

ではではまた。

初めてSteamを利用する方のためのSteam解説本

created by Rinker
¥500 (2020/07/07 00:34:07時点 Amazon調べ-詳細)

無料で読む方法はこちら