週間Steam通信#47(2017年8月26日~9月1日)

2022年4月10日

『PUBG』『聖剣伝説2』「ニューダンガンロンパV3」「薄桜鬼 真改 風ノ章」『Double Kick Heroes』『Shigatari』「Brink」『BackSlash』「シブサワ・コウ アーカイブス第8弾」「プリンセスメーカー ゆめみる妖精」『X-Morph: Defense」

・マイクロソフトが主導する各VR機器がSteam参入


Experience Windows Mixed Reality

8月28日、マイクロソフトは同社のWindows VRヘッドセットが世界最大のPCゲームプラットフォームSteamに対応することを発表
出典 Steam、マイクロソフトMRヘッドセット向けVRゲームも配信へ 『Halo』のVRゲームも開発が明らかに | Mogura VR – 国内外のVR最新情報

SteamではSteamVRという仕組みにより、主にHTC Vive、Oculus Rift向けのVRゲーム等が配信されていますが、新たにマイクロソフトが主導で各PCメーカーが2017年末に発売するMRヘッドセットのコンテンツも配信可能に
出典 Steam、マイクロソフトMRヘッドセット向けVRゲームも配信へ 『Halo』のVRゲームも開発が明らかに | Mogura VR – 国内外のVR最新情報

MR対応ヘッドセットはホリデーシーズンまでにHP、Lenovo、Dell、Acerから発売される。いずれもコントローラ付きで、最も安いものは399ドル。
出典 「マインクラフト」「Halo」「SteamVR」が「Windows MR」にやってくる – ITmedia NEWS

それぞれ細かな違いはあるものの基本仕様は統一されている。PCゲーム配信プラットフォームの最大手を利用できることはユーザーの利便性に大きく寄与するはず
出典 マイクロソフトが推進する「Windows Mixed Reality」対応HMDはSteamをサポートへ。『Halo』のMRコンテンツの開発も発表 | AUTOMATON

マイクロソフト「MRヘッドセット」徹底解説 | Mogura VR – 国内外のVR最新情報

・PUBGの同時接続数がSteam配信タイトルの中でトップに

「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(PUBG)が一時的にSteamで最も同時にプレイされたタイトルとなった。
出典 「PUBG」が「Dota 2」を抜いて一時的にSteamで最もプレイされたゲームに – PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS

27日・28日における同時接続プレイヤー数はそれぞれのタイトルにとって過去最高の数字ではなかったが、「PUBG」の同時接続プレイヤー数は「Dota 2」を約3万人上回った。
出典 「PUBG」が「Dota 2」を抜いて一時的にSteamで最もプレイされたゲームに – PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS

これまで不動のトップを守り続けていたValveの『Dota 2』を、配信から僅か数ヶ月のサードパーティ製タイトルが追い抜くというのはとんでもない快挙と言える
出典 遂にドン勝!『PUBG』の同接プレイヤー数がSteamトップに―『Dota 2』の牙城を崩す | ニコニコニュース

Steam: Game and Player Statistics

・フルリメイク作『聖剣伝説2 Secret of Mana』正式発表


『聖剣伝説2 SECRET of MANA』ティザートレーラー

スクウェア・エニックスは、『聖剣伝説2 Secret of Mana』を正式発表した。対象プラットフォームはPS4/VitaおよびSteam(Windows)で、2018年2月15日にリリース予定。
出典 フルリメイク作『聖剣伝説2 Secret of Mana』正式発表。PS4/Vitaに加えPC版がSteamでも配信、グラフィック一新にボイス追加へ | AUTOMATON

本作は1993年にスーパーファミコン向けにリリースされた『聖剣伝説2』のフルリメイク作だ。ゲーム全編にわたり2Dドットから3Dへとグラフィックがリニューアルされているほか、新たにキャラクターボイスに対応しトークイベントも追加された。
出典 フルリメイク作『聖剣伝説2 Secret of Mana』正式発表。PS4/Vitaに加えPC版がSteamでも配信、グラフィック一新にボイス追加へ | AUTOMATON

CVは「ランディ」を小野賢章さん、「プリム」を山本希望さん、「ポポイ」を加藤英美里さんが担当。また収録されている楽曲は、オリジナルのコンポーザー菊田裕樹氏による監修のもとアレンジされており、SEも本作のためにリマスターされている。
出典 フルリメイク作『聖剣伝説2 Secret of Mana』正式発表。PS4/Vitaに加えPC版がSteamでも配信、グラフィック一新にボイス追加へ | AUTOMATON

Pre-purchase Secret of Mana on Steam

・Steam「ニューダンガンロンパV3」体験版を配信


PS4/PS Vita ニューダンガンロンパV3 商品紹介映像2

同時に8月26日より9月2日まで、「ダンガンロンパ」シリーズ2作品と「絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode」をSteamにて割引販売を行なう。
出典 Steam「ニューダンガンロンパV3」、オリジナルストーリーを楽しめる体験版を配信! – GAME Watch

本体験版ではゲーム本編とは異なるオリジナルストーリーが展開される。「学級裁判」パートでは「嘘」を使った証言の論破や「ブレインドライブ」といった新要素を体験でき、過去の「ダンガンロンパ」シリーズに登場した「苗木 誠」、「日向 創」、「葉隠 康比呂」の3名がゲスト出演する。
出典 Steam「ニューダンガンロンパV3」、オリジナルストーリーを楽しめる体験版を配信! – GAME Watch

加えて本体験版をプレイすると、製品版で使用できる「モノクマメダル」333枚、本編1章の隠しイベントを閲覧できるプレゼント「ネイルブラシ」、スキル「マシンガン」が手に入る。
出典 Steam「ニューダンガンロンパV3」、オリジナルストーリーを楽しめる体験版を配信! – GAME Watch

Danganronpa V3: Killing Harmony Demo Ver. on Steam

・「薄桜鬼 真改 風ノ章」のSteam版が8月25日より開始


PS Vita「薄桜鬼 真改 風ノ章」 オープニングムービー

アイディアファクトリーは本日(2017年8月25日),PC版「薄桜鬼 真改 風ノ章」の配信をSteamで開始した。本編の価格は2980円(税込)だが,9月1日までの期間限定セールで2086円(税込)で購入できる。
出典 PC版「薄桜鬼 真改 風ノ章」がSteamで配信開始。イベントスチル画集や壁紙などの限定コンテンツを収録した「デラックスセット」も登場 – 4Gamer.net

本作は,女性向けブランド「オトメイト」の代表作「薄桜鬼」シリーズの1作めをリメイクしたPS Vita用ソフト「薄桜鬼 真改 風ノ章」をPC向けに移植したもの。
出典 PC版「薄桜鬼 真改 風ノ章」がSteamで配信開始。イベントスチル画集や壁紙などの限定コンテンツを収録した「デラックスセット」も登場 – 4Gamer.net

ゲーム本編のほか、PC版の限定コンテンツをまとめた「デラックスセット」、そしてDLC「風ノ章 宝箱」も収録した「コンプリートエディション」などが用意されている。
出典 「薄桜鬼 真改 風ノ章」がSteamに登場!オトメイトを代表する女性向け恋愛ADVをPCでプレイ可能に|Gamer

Save 30% on Hakuoki: Kyoto Winds / 薄桜鬼 真改 風ノ章 / 薄櫻鬼 真改 風之章 on Steam

・gamescom award 2017の作品賞は『Double Kick Heroes』に


PREPARE FOR HEADBANG

本作はフランスのインディーデベロッパーHeadbang Clubが開発中のメタル・リズムシューターであり、2D横スクロールシューティングとリズムゲームを組み合わせるというコンセプトの作品
出典 『Double Kick Heroes』がgamescom 2017期待のインディー作品賞を受賞。ドラムでゾンビを倒すメタル全開のリズムシューター | AUTOMATON

ハイテンポなドラムビートにあわせてダブルキック砲を発射し、車両に襲いかかるゾンビの大群を蹴散らしていくのだ。操作はキーボードとコントローラの両方に対応。別々のラインで流れてくるキック、スネア、シンバルのノーツをタイミングよく叩き、コンボを重ねていく。
出典 『Double Kick Heroes』がgamescom 2017期待のインディー作品賞を受賞。ドラムでゾンビを倒すメタル全開のリズムシューター | AUTOMATON

世界観はクエンティン・タランティーノやロバート・ロドリゲス監督の作風からインスパイアされており、高級車「キャデラック」ならぬ「ガンディラック」で荒地を旅するセックス、ドラッグ&ヘビーメタルな5人組の物語が描かれる。ゾンビ・アポカリプスにより姿を消した、憧れのロック・スターたちを探し出すのが彼らの目的だ。
出典 『Double Kick Heroes』がgamescom 2017期待のインディー作品賞を受賞。ドラムでゾンビを倒すメタル全開のリズムシューター | AUTOMATON

Double Kick Heroes on Steam

・日本をテーマにしたRPG『Shigatari』が配信開始


Shigatari Launch Trailer

本作は、主人公が、自身の強さを世に示すために、世界7箇所の道場を破るための旅に出る内容。まず目を惹くのはその特異なアートスタイル。
出典 https://www.gamespark.jp/article/2017/08/26/75436.html

ゲーム内容ですが、本作はローグライクスタイルを採用しており、基本は『FTL: Faster Than Light』のように、毎回ランダムで変化するマップを、特定のポイント目指して一箇所づつ進行していく形です。各ポイントでは芸者や農民、商人などといった人々との会話だけでなく、時には戦闘その他のイベントも。また、出会った人たちを次々切り捨てて行くプレイも可能
出典 https://www.gamespark.jp/article/2017/08/26/75436.html

戦闘はコマンド選択式ですが、敵味方の行動の速度や、どこを狙っているかなどといった情報を頼りに、敵の行動の読み合いをしながら進めていく形式。流石に真剣での切り合いということでダメージも高く、当たってしまえば数発で決着が付く
出典 https://www.gamespark.jp/article/2017/08/26/75436.html

重要なイベントで俳句を詠んだり、切腹でプレイを終えられたりと、日本文化を織り込んだシステムも実装。
出典 武士道とは……死ぬも俳句を詠むも自由と見つけたり! 侍道を満喫できる浮世絵調RPGがSteam Greenlightに – ねとらぼ

Shigatari on Steam

・「Brink」の無料化にベセスダが答えた


Brink ティザー映像 [HD]

今月23日、Bethesda Softworksは2011年発売のFPSタイトル『BRINK』のSteam版を無料化した。
出典 『BRINK』のSteam版が完全無料化。発売から6年経ったいまなぜ無料にしたのか、Bethesda がその判断の理由を明かす | AUTOMATON

F2Pとなった「Brink」は、プレイヤー数がうなぎ登りに増加しており、料金体制が変わった翌日は、同時プレイヤー数が2,600人を超えた。
出典 「Brink」を無料化した理由について、ベセスダ「しない理由が無い」

「去年、確か99セント(約110円。Steamのセール期間中に)に値下げしたと思うのですが、その際に『もう無料にしてしまいましょうよ。むしろ、しない理由が無い』というような雰囲気になったのです」
出典 「Brink」を無料化した理由について、ベセスダ「しない理由が無い」

むしろ無料にして多くの人にダウンロードして遊んでもらえば、本作を気に入ったユーザーの中でDLCを買ってくれる人が出てくるかもしれない、という考えだそうだ。
出典 『BRINK』のSteam版が完全無料化。発売から6年経ったいまなぜ無料にしたのか、Bethesda がその判断の理由を明かす | AUTOMATON

『BRINK』は、『DOOM 3』のマルチプレイや『Dirty Bomb』などを手がけたSplash Damageが開発し、発売から1年で250万本を売り上げた。温暖化によって海面が上昇した地球で、人類の箱舟となった人工海上都市「アーク」を舞台に、アークの創設者と子孫からなる「セキュリティ」と、不満を抱える避難民らが結成した「レジスタンス」の戦いを描いている。分隊ベースのマルチプレイをメインにしつつ、シングル・協力プレイモードともシームレスに移動できるシステムや、パルクールのようなアクションによって爽快感のあるゲームプレイが楽しめる。
出典 『BRINK』のSteam版が完全無料化。発売から6年経ったいまなぜ無料にしたのか、Bethesda がその判断の理由を明かす | AUTOMATON

BRINK on Steam

・Fウォーズに影響を受けた「タイニーメタル」が最新PVを公開


TINY METAL – PAX WEST 2017 Trailer

往年のターン性ストラテジーゲームの懐かしさと、近代的なデザインが融合したカジュアルに楽しめる、超本格戦略シミュレーションゲーム
出典 戦略シミュレーション『TINY METAL(タイニーメタル)』最新PVが公開、ヨコオタロオ氏がコメントで絶賛! – ファミ通.com

本作では王国「アルテミシア」で起きた国王暗殺事件を主軸に、アルテミシア軍の少尉「ネイサン」と傭兵団「ホワイト・ファング」が軍事国家「ジパング」に対抗する物語が描かれていく。ゲームデザインは前述の『ファミコンウォーズ』と非常に似ており、プレイヤーはさまざまなユニットを生産しつつ敵部隊と戦う。
出典 「ファミコンウォーズ」に色濃く影響された『タイニーメタル』最新映像が公開。開発資金が援助される「Unreal Dev Grants」受賞 | AUTOMATON

ゲームシステムに懐かしさを感じる世代から最新の3Dグラフィックによる最高のデザインに惹かれる世代まで、世界中で幅広く楽しめる一作
出典 戦略シミュレーション『TINY METAL(タイニーメタル)』最新PVが公開、ヨコオタロオ氏がコメントで絶賛! – ファミ通.com

2016年に実施したKickstarterキャンペーンは失敗したものの、その後あらたに資金提供者を見つけ、今年秋のリリースを目標に開発が続けられている。
出典 「ファミコンウォーズ」に色濃く影響された『タイニーメタル』最新映像が公開。開発資金が援助される「Unreal Dev Grants」受賞 | AUTOMATON

・『BackSlash(バック\スラッシュ)』が9月1日に配信


BackSlash_対戦動画 _0705

『BackSlash(バック\スラッシュ)』は、京都のゲームスタジオ“株式会社 Skeleton Crew Studio”のThomas Olsson(トーマス・オルソン)が1人で開発したゲーム
出典 『BackSlash(バック\スラッシュ)』スペルと流派の組合わせで戦う1on1対戦ゲームがSteamに登場 – ファミ通.com

「“スペルキャスティングハードコアバトルゲーム”って何?」と思うかもしれないので説明すると,プレイヤーは10の流派から2つを選んで戦士を作り,1対1のハイスピードな決闘に挑むという対戦型アクションゲーム
出典 流派を組み合わせて戦う対戦アクション「BackSlash(バック\スラッシュ)」がSteamで9月1日に配信 – 4Gamer.net

操作はとてもシンプルで、ボタン1つで必殺技を使えるので、誰でも派手な戦いを楽しむ事ができ、初心者でも熟練者に勝つチャンスがあります。懐かしい2Dアクションゲームのグラフィックを受け継ぎつつ、テンポの速い爽快なバトルを楽しめます。
出典 『BackSlash(バック\スラッシュ)』スペルと流派の組合わせで戦う1on1対戦ゲームがSteamに登場 – ファミ通.com

BackSlash on Steam

・「シブサワ・コウ アーカイブス」第8弾配信開始


PC98 三国志英傑伝 / 麦の戦い クリア動画+アレンジ音楽

コーエーテクモゲームスは、Steamで展開している“シブサワ・コウ アーカイブス”の第8弾として、『信長の野望・烈風伝 with パワーアップキット』、『三國志VIII with パワーアップキット』、『三國志英傑伝』を、本日2017年8月30日より配信
出典 “シブサワ・コウ アーカイブス”第8弾、『三國志英傑伝』など3本をSteamで配信 – ファミ通.com

『三國志英傑伝』は1995年にリリースされた英傑伝シリーズ第一作。コーエーテクモの提唱したゲームジャンル“リコエイションゲーム”に属する本作は、通常の『三國志』シリーズとは異なり、シミュレーションRPGとなっています。

『三國志VIII with パワーアップキット』は、2001年に発売されたシリーズ第8作。前作『三國志VII』での、すべての武将の中から主人公を決定してプレイするスタイルはそのままに、様々な要素が追加されパワーアップしています。なお、パワーアップキットでは、結婚後に史実以外の組み合わせでも子供が生まれるようになっており、よりゲームプレイに彩りが増えています。

『信長の野望・烈風伝 with パワーアップキット』は1999年に発売のシリーズ第8作。前作『信長の野望・将星録』で採用された箱庭形式の全国マップの要素を引き継ぎ、野戦や、「威信」などといった新たなシステムが採用されています。
出典 シブサワ・コウアーカイブス第8弾『三國志英傑伝』『三國志VIII』『信長の野望・烈風伝』Steam配信開始! | ニコニコニュース

9月26日までは、上記3本を“シブサワ・コウ アーカイブスパック Vol.8”として、30%割引のセット販売も行っている。
出典 “シブサワ・コウ アーカイブス”第8弾、『三國志英傑伝』など3本をSteamで配信 – ファミ通.com

Kou Shibusawa Archives Vol.8 / シブサワ・コウ アーカイブスパック Vol.8 on Steam

・「プリンセスメーカー ゆめみる妖精」が日本語に対応


“Princess Maker 3: Fairy Tales Come True” for Steam PV

CFKは2017年8月29日,Steamで配信されているPC用育成シミュレーション「プリンセスメーカー ゆめみる妖精」(ストアページ上のタイトル名はPrincess Maker 3: Fairy Tales Come True)に向けた,日本語パッチの配信を実施した。
出典 Steam版「プリンセスメーカー ゆめみる妖精」が日本語に対応 – 4Gamer.net

ソフトそのものは6月より配信されているが,これにより日本語環境で遊べるようになった
出典 Steam版「プリンセスメーカー ゆめみる妖精」が日本語に対応 – 4Gamer.net

CFKは,今回の日本語対応に合わせて,本作を含むプリンセスメーカーシリーズタイトルや同社関連作品の割引を,Steamで実施している。このスペシャルプロモーションはSteam上の記載で9月11日までとなっている
出典 Steam版「プリンセスメーカー ゆめみる妖精」が日本語に対応 – 4Gamer.net

Save 20% on Princess Maker 3: Fairy Tales Come True on Steam

・『X-Morph: Defense(エックス モーフ:ディフェンス)』も日本語化


X-Morph: Defense – Launch Trailer

本作でプレイヤーは、地球外生命体「X-Morph」となって地球を侵略する。ステージには日本を含む世界各国が登場し、侵略されまいと攻めてくる地球軍の波状攻撃や大型ロボットのボスから侵略の拠点である「ハーベスター」を守り切ることがステージクリアの目標となる。
出典 『X-Morph: Defense』Steam/PS4で日本語版が発売。ツインスティックSTGで攻撃参加できるタワーディフェンスゲーム | AUTOMATON

本作の大きな特徴は、戦闘機「X-Morphファイター」で出撃して自らも攻撃に参加できることだ。X-Morphファイターでのプレイは、見下ろし視点のツインスティック・シューティングゲームのような形になる。
出典 『X-Morph: Defense』Steam/PS4で日本語版が発売。ツインスティックSTGで攻撃参加できるタワーディフェンスゲーム | AUTOMATON

本作では高層ビルや街路樹など、ステージ内のほぼすべてが破壊できる。それによって、たとえば地球軍の進路上にある橋を落として強制的にルート変更させたり、敵ユニットの上にビルを倒してダメージを与えたりできる。その破壊表現は、EXOR Studios独自のゲームエンジンによって可能となったもので、高層ビルが豪快に崩れ落ちるさまは見物である。
出典 『X-Morph: Defense』Steam/PS4で日本語版が発売。ツインスティックSTGで攻撃参加できるタワーディフェンスゲーム | AUTOMATON

Save 10% on X-Morph: Defense on Steam


週間Steam通信(2017年9月1日)#47「夏休みが終わってもSteam最新情報に終わりなし」

初めてSteamを利用する方のためのSteam解説本

created by Rinker
¥500 (2022/05/24 14:23:32時点 Amazon調べ-詳細)

無料で読む方法はこちら

週間Steam通信をNOTEでまとめてます。