Humblebundleの目玉…『Humble Monthly』の簡単な買い方、解約方法とは?

2019年10月19日

Steamを利用している人ならおそらく知っているであろう、Humble Bundle(ハンブルバンドル)という外部サイト。

バンドル販売形式でSteamゲームキーが売られている外部サイトでかなりお買い得です。

自分がSteamゲームを外部サイトで購入する場合に最もよく利用しているサイトです。

今回はそのHumble Bundle内での目玉サービス『Humble Monthly(ハンブルマンスリー)』の利用方法と解約手続きなどを解説していきます。

Humble Monthlyとは何か

Humble Monthlyとは毎月12ドル(約1300円)の定期購読で、有名な複数のゲームを購入することができるサービのことです。

Humble Monthlyでバンドル販売された過去のラインナップをご覧ください。

Mutant Year Zero: Road to Eden(Steamで3600円)やTom Clancy’s The Division(6480円)などかなり有名なゲームがラインナップされていることが分かります。

しかも総額171$、209$、214$と言った値段のゲームをたった12$で買えるわけですからかなりお得なバンドル販売であることが分かります。

クオリティの高い有名なゲームを複数安く手に入れたいならHumble Monthlyサービスをおいて他にはありません。

ユーロ
一度利用するとさらに利用したくなるほど良質のサービス、それがHumble Monthly

Humble Monthlyの特徴

Humble Monthlyには以下の特徴があります。

1、購読する時に見えているのは1~3ゲームのみで他のゲーム(合計9~11)は翌月第1土曜日に明らかになる

例えば2019年4月に申し込めるHumble MonthlyはAssassin’s Creed® Origins(7776円)です。

このゲームを1300円で購入できるというだけでかなりお得なのが分かります。

しかも翌月にさらに明らかになるゲームがあり、期待に胸が膨らみます。

「どうせしょぼいんでしょ?」と思われるかもしれませんが、Steamでも評価の高い良質のインディーゲームばかりで十分楽しめる内容になっています。

この「しょぼくないバンドル販売サイト」であることが、Humble Bundleを有名にしている一つの根拠となっています。

2、60以上のインディーゲームをDLできる「HUMBLE TROVE」という付加サービスがある

Humble Monthlyのサービスはそれだけではありません。

HUMBLE TROVEという60以上のインディーゲームをDLできるサービスも付いてきます。

以下はHUMBLE TROVEゲームの一部です。

オープンワールドで戦うシューティングゲームTOKYO42(1980円)

壺男という通り名で知られるGetting Over It with Bennett Foddy(820円)

弟者さんがYoutubeで実況したことで有名になったアクションゲームLIMBO(980円)

タイピングとアクションを組み合わせた圧倒的に好評ゲームEpistory – Typing Chronicles(1480円)

などどれもクオリティーの高いゲームばかりです。

もちろんSteamで配信されていないゲームもあり、新たな出会いを体験できます。

これらはHumble Monthlyに申込むだけでいつでもダウンロードできます。

別請求はもちろんありません。
(一体どこで儲けているのだろう…。)

3、HumbleStore内で利用できる10%OFFクーポンが付く。同じ割引を毎月1人のフレンドに適用できる

自分だけでなくフレンドにURLを贈れば1人だけ10%OFFクーポンを適用できます。
(画像のURLはすでに適用済みなので悪しからず…。)

もちろん定価の10%ではありません。すでにセールされているゲームのさらに10%OFF(決済時に適用)です。

ユーロ
ディスカウントスーパーのお酒をレジでさらに1割引いてもらえるのと理屈は同じです(分かりにくい?)

4、いつでも解約できる

ここがこのサービスの良いところです。

実はHumble Monthlyそのままにしておくと月末に自動更新されます。
(ここは重要なので覚えておいてください)

つまり解約(休止)しない限りは毎月1300円引かれ続けます(もちろんサービスは受けられます)

なので1か月しか利用しない場合は解約手続きが必要になりますが、方法は簡単です。

まず、Humble Monthlyトップページ「SEE MY SUBSCRIPTION」をクリックします。

一番下の「MANAGE YOUR SUBSCRIPTION」を開きます

STATUSの「CANCEL MY PLAN」をクリックします

一番下の一番右「CANCEL SUBSCRIPTION」をクリックします。
(右から2番目でとりあえず翌月の自動更新停止=休止状態にもできます)

後は停止する理由を選択しキャンセルするだけです。

ちゃんとキャンセルされていれば、MANAGE YOUR SUBSCRIPTIONが

この状態になっているはずです。(初期状態です)

ユーロ
解約手続きが簡単なのがかなり良心的ですよね

購入時の複数月一括購入サービスと解約について

Humble Monthlyを登録する際、3,6,12ヶ月分を一括して購入できるサービスがあります。

例えば1年間購入すると1ヶ月分が無料になるという、ならではの特典もあります。

このサービスと解約との関連について動画のコメント欄で次のような補足がありました。

ちなみに3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月分を購入した場合、購入後から対象の期間は強制購入になるのか?ということについては 先行分が発表された段階で今月はいらないと思ったら、先行分をダウンロードする前に動画に上がってる「一時休止」を 設定すれば、その月をスキップすることが出来るみたいです。(自分で試してはいないですが) 当然スキップした分の1ヶ月は無くなるわけではないので、スキップした分期間が延びる形となります。

例えば2019年8月から2020年8月まで1年間購読したとします。

ゲームが更新され、良いものがなかったので2019年9月分をスキップ(PAUSE-A-MONTH)した場合、2020年9月まで購読できるようになるということです。

このようにHumble Monthlyは購読者が損をしないような仕組みになっているので、解約と休止ボタンは覚えておくと良いでしょう。

一度は利用して損はないサービス

最初は「月額1300円って高くない?」と思われたかもしれませんが、これほどのゲームを購入できることを考えるとかなりお得であることに気づきます。

9~11の月替わりのゲーム、60以上のTROVEのゲーム、10%OFFのクーポン…これだけのゲームが一瞬で手に入るサービスはHumble Monthlyをおいて他にありません。

Humble Monthlyをみてみる

ユーロ
自分はHUMBLE TROVEのゲームラインナップが変わったところぐらいを狙って年に2回ほど利用しています。皆さんも是非、Humble Monthlyを利用してみてください。

PDF