【Steamおすすめ】500円以下で買えるサクッと短時間クリアゲーム5選

こんにちは、こんばんわユーロです。

初めましての方は初めまして。

チャンネル内でワンコインディーというワンコイン(500円)でできるSteamインディーゲームを紹介するコーナーを2017年7月11から2020年2月11日までの3年半毎週火曜日に欠かさずアップするという前人未到の偉業を成し遂げました。

その全133作品の中から5つのゲームを紹介します。

1000円以上するゲームが2時間ほどでクリアできると全くお得感がない(というかボリューム不足)ですが、この価格帯だとサクッと短時間でクリアでき、ある程度の達成感を味わえるものを欲するはずです。

万一面白くなければ返金処理もできますし……。

姉妹を切り替えて進む「Parallyzed(パラリズド)」

記念すべき第1回目に選んだゲームはParallyzed(パラリズド)で定価は399円(最安値95円)のステージクリア型横スクロールアクションゲームです。

特徴は赤・青2人の姉妹を同時に動かし障害やチェックポイントをクリアしないといけない点。

赤のレーンに青がある場合はワンボタンで上下を入れ替えて青に通過させないといけないですし、どちらか一方に障害物がある場合はジャンプしないといけないので結構忙しいです。

赤の子は赤のチェックポイント(光っている)青の子は青のチェックポイントを通過しないと即「あなたの負けです」と表示され最初からやり直し。

ランダム生成ではない死に覚えゲーなので、トライ&エラーを繰り返すうちにクリアできるようになります。

それだけに先を見たくなる願望が強くなり気が付いたらハマっているという感じですね。

何が難しいって色だけを注意するだけならいいのですが、赤い子(姉)は大きいので上の障害物に当たってしまうことです。

「そうや、姉は上に当たるんやった!」というシーンが幾度となく現れます。

青の子(妹)は小さいがジャンプ力があるという特徴もあります。

全24ステージなので、上手い人なら1時間ほどでクリアできるのではないかと思います。

タイミング押しが癖になる「雪絵」

永遠の冬をもたらしている雪絵という化け物を倒すアドベンチャーゲーム。

このゲーム、とにかく世界観に引き込む演出が素晴らしい。とてもツクール製とは思えないつくり込みで、PLAYISMパブリッシングらしいゲームです。

定価299円(最安値149円)という安さにありながら、かなり作りこまれた(作者の思い入れが強い)作品です。

物語は4章+終幕の構成で全体のクリア時間は2時間強(右下に各章の目安クリア時間も表記)です。

ゲームは様々な化身・亡霊を相手にタイミングよく攻撃ボタンを押し、成功すれば次の攻撃へ、何度か失敗すればゲームオーバーで章の初めからという感じです。

敵を倒すことで相手の必殺技を会得して次に進みます、だんだんタイミング押しが難しくなりますが、成功した時の刀を斬る音が心地よく、癖になりますよ。

3D空間を滑空するだけなのにハマる「Superflight」

3D空間を滑空するだけのゲームSuperflight

活字で表すと面白くなさそうなのだが、プレイ経験のある人大半が「ついついプレーしてしまう」というゲームでもあります。

一言でいえば「滑空の爽快感」

吹き抜ける風を背に、時には向かい風に遭いながらオブジェクトすれすれに滑空すれば高得点を叩き出せる。

得点は加算された時にのみ表示されるのですが、設定でZENMODEにチェックを入れればスコアを非表示にできます。

厄介なのは風に煽られ操作が効かないこと、かと思えば無風で失速するという操作がかなりシビアで難しい。

なおこの会社はISLANDERSという街づくりストラテジーゲームも作っているのだが、良作とも評価は「圧倒的に好評」

なかなかすごい……。

左右移動だけだが奥が深い全方位シューティング「Savant‐Ascent」

左右に移動しながら、全方位から来る敵を飛び道具で倒していくSavant‐Ascent

定価198円(最安値49円)という破格値だが、かなり爽快感があり奥が深いプレーを楽しめます。

クリアまでは短く(全クリアまで1時間ほど)、エンドレスモードでスコアを他の人と競い合うようなタイプのゲームです。

敵を倒した際に稀に出現する「金色のCDパーツ」を4つ集めることで、弾数の増加、バースト・アタックの強化など、様々なアップグレードを行うこともできます。

全クリしただけでは実績を解除できないところもなかなかマゾっています。

短時間で爽快感を味わいたい人におすすめです。

5時間の死闘「Shadow Bug」

最後に上手い人と下手な人のプレー時間差が顕著に表れるShadow Bugというアクションゲームを紹介します。

この作品現在620円するのですが、プレー当時は498円の作品だったので入れさせていただきました。

まあ、これまでの最安値も54円ですしね。

さてこのゲーム、プレー動画を観てもらえれば分かりますが、刀で敵を斬ることが移動手段になるという変わったコンセプトのアクションゲームです。

敵にマウスでカーソルを合わせ、斬ったところにキャラが移動するので、どんどん斬っていかないと前に進めず時には敵が出現するギリギリまで待つ必要があります。

この作品、年の瀬が迫る2017年12月26日の夜10時から始めてサクッと終わらせようとしたのですが、終わってみると深夜3時になっていたという見た目以上に高難易度のゲームです。

それでも「サクッと短時間」カテゴリーに入れたのは、繰り返しになりますが上手い人と下手な人のプレー時間差が表れるゲームだからです。

上手い人がプレーすると全クリ(全36ステージ)まで2時間もかからないでしょう。

 

以上、500円以下で買えるサクッと短時間クリアゲーム5選でした。

思ったより序盤で5つの紹介になったので、また機会があれば別テーマで紹介します。

おバカなゲームとかね…。

関連記事

初めてSteamを利用する方のためのSteam解説本

created by Rinker
¥500 (2020/07/07 00:34:07時点 Amazon調べ-詳細)

無料で読む方法はこちら