週間Steam通信#114(2018年12月8日~12月14日)

2022年4月10日

Epic Games、Daymare: 1998、LONG GONE DAYS、PlanetSide Arena、Prey、Skater XL、Iris.Fall、Clatter、Battle Royale Tycoon、Kingdom Two Crowns、GRIS、DAYZ

・Epic GamesストアにSteamゲームが吸い取られる


出典 www.flickr.com

先日、売上の88%がデベロッパーの利益となる新たなゲームストアとして発表されたEpic Gamesストアですが、そこで販売を予定している3作品のデベロッパーおよびパブリッシャーがSteamなど他の販売プラットフォームでの販売を中止、見送ることを発表
出典 Epic Gamesストア登場に伴い3タイトルがSteamでの販売を中止、もしくは先延ばしに | GameBusiness.jp

『Satisfactory』のデベロッパー、Coffee Stain StudiosのJace Varley氏は、YouTubeにてEpic Gamesストアが「唯一『Satisfactory』を入手できる場所」であると答えた動画を投稿しているほか、『Genesis Alpha One』のパブリッシャーであるTeam17は、同作を「2019年1月29日にSteamで発売しない」と発表
出典 Epic Gamesストア登場に伴い3タイトルがSteamでの販売を中止、もしくは先延ばしに | GameBusiness.jp

また、『Rebel Galaxy Outlaw』のデベロッパーDouble DamagesもEpic Gamesストアへの販売に伴って、SteamやGOG.comといった他のゲーム販売プラットフォームでのリリースを12ヶ月後に延期しました。理由については、Steamが30%の利益を受け取るのに対してEpicは12%のみ、開発者の手元に88%の利益が還元されることについて言及した上で、これが「新たなスタンダード」になることを望んでいるためとしています
出典 Epic Gamesストア登場に伴い3タイトルがSteamでの販売を中止、もしくは先延ばしに | GameBusiness.jp

・『バイオ2』非公式リメイク作『Daymare: 1998』


Daymare: 1998 – Gameplay Teaser

『バイオハザード 2』の非公式リメイクとして発表され、その後オリジナルタイトルとして開発がスタートしたサバイバルホラー『Daymare: 1998』
出典 『バイオ2』非公式リメイクから生まれたTPS『Daymare: 1998』新ゲームプレイティーザー | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

Invader Gamesのメンバーは『バイオハザード』に熱い想いを寄せるファンの集いで、『バイオハザード2』の勝手リメイクを制作しそのトレーラーで高い評価を得ることになりました。しかし公式リメイクが発表されたこともありプロジェクトは中止。その後オリジナルタイトル『Daymare: 1998』に生まれ変わることとなりました。
出典 サバイバルホラー『Daymare: 1998』の最新ゲームプレイティザー公開、元『バイオ2』非公式リメイクチーム | EAA!! – FPS News

Steamに投稿されたニュースによれば、パブリッシャーDestructive Creationsの協力を得て、現在アニメーションやカットシーンなど様々な部分に磨きをかけているとのこと
出典 サバイバルTPS『Daymare: 1998』最新ティーザーとSteamストアページが公開!―『バイオ2』非公式リメイクから誕生 | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

Daymare: 1998 on Steam

・『PlanetSide Arena』来月発売へ


PlanetSide Arena: First Look Gameplay Trailer

Daybreak Gamesが、大人数対戦が特徴のFPS『PlanetSide』シリーズ最新作として『PlanetSide Arena』をPC向けに発表。来年1月29日にSteamで配信開始
出典 500人バトロワも可能? 大規模対戦FPSシリーズ最新作『PlanerSide Arena』が発表。250人対250人の対戦やバトルロイヤルモードを搭載 – ファミ通.com

『PlanetSide Arena』のローンチ段階では、500人(250人対250人)の大規模戦“Massive Clash”モードと、ソロまたは3人までのチームで参加できるバトルロイヤルモードでスタートし、キャプチャー・ザ・フラッグやチームデスマッチ、グローバルコンクエストなどのモードを順次追加していくという。
出典 500人バトロワも可能? 大規模対戦FPSシリーズ最新作『PlanerSide Arena』が発表。250人対250人の対戦やバトルロイヤルモードを搭載 – ファミ通.com

同シリーズの過去作では戦略的な陣取り要素などが存在しておりMMO要素も強かった形ですが、本作については現時点では同様の要素のアナウンスは行われていません
出典 最大500人対戦も!SFMMOシューター『PlanetSide Arena』発表―バトルロイヤルも搭載 | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

PlanetSide Arena on Steam

・「Prey」新DLC配信、無料アプデでかくれんぼ


PREY – Mooncrashトレーラー

マルチプレイモード“Typhon Hunter”はかくれんぼ的なルールで、プレイヤーの1人がモーガン・ユウ、その他のプレイヤー(最大5人)はどんなものにも姿を変えられる生物ミミックとしてプレイします。モーガンはレンチまたはピストルでミミックを倒す、ミミックはどんな手を使ってでも生き残ることが目標
出典 『Prey: Mooncrash』無料マルチプレイアップデート「Typhon Hunter」が近日リリース! | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

Save 50% on Prey: Typhon Hunter on Steam

ベセスダ・ソフトワークスは、SFアクション『Prey』のDLC「Mooncrash」を2018年12月11日より国内向けに配信すると発表しました。「Mooncrash」は、2018年6月に海外で配信された本作の追加DLC。ランダム生成によってプレイするたびに構造が変化する、トランスター月面基地からの脱出を目指すという内容
出典 『Prey』DLC「Mooncrash」が12月11日に国内発売決定―「Typhon Hunter」無料アップデートと同時配信 | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

Save 50% on Prey – Mooncrash on Steam

・スケートボードゲーム『Skater XL』が19日にリリース決定


Skater XL Teaser Trailer

インディーデベロッパーEasy Day Studiosは、PC向けの新作スケートボードゲーム『Skater XL』が2018年12月19日よりSteam早期アクセスを開始すると発表
出典 新作スケボーゲーム『Skater XL』が近日Steam早期アクセス開始! かつてないボードとの一体感を | ニコニコニュース

モバイル向け『Skater』のクリエイターらが手がける本作では、LAコートハウスのような実在のスケートスポットが登場する他、比類のないボードコントロールとレスポンスを特色としています。プレイヤーが望むスタイルで、自分の足を動かすかのようにボードをフリップでき、かつてない一体感を感じられるとのこと
出典 新作スケボーゲーム『Skater XL』が近日Steam早期アクセス開始! かつてないボードとの一体感を | ニコニコニュース

Skater XL on Steam

・『LONG GONE DAYS』正式ローンチは来年4月へ


Long Gone Days – 2018 Trailer [NOW on Early Access!]

今年3月からSteamで早期アクセスが開始している『LONG GONE DAYS』の発売が2019年4月になると発表された。
出典 戦争を阻止する人間ドラマのドット絵RPG『LONG GONE DAYS』が発表 – ゲーム

本作は美しいドット絵で戦争を阻止しようとする人間ドラマを描くRPGだ。言葉の壁やその原因で発生する問題など、戦争をリアルな観点から描くゲーム
出典 戦争を阻止する人間ドラマのドット絵RPG『LONG GONE DAYS』が発表 – ゲーム

現時点、日本語に対応されていないが、そのビジャルは明らかに日本のRPGやアニメからインスパイされている。正式リリースの後、日本語対応にも期待したい。
出典 戦争を阻止する人間ドラマのドット絵RPG『LONG GONE DAYS』が発表 – ゲーム

Long Gone Days on Steam

▼今週リリースされた主なゲーム

・7日:「Iris.Fall」


Iris.Fall Gamescom 2018 Trailer

NEXT Studioによって開発されている『Iris.Fall』がSteam用ソフトとして、2018年後半に発売されることが発表された。NEXT Studioは、日本でも話題を集めた『Death Coming』を開発したスタジオ。
出典 『Iris.Fall』がSteam用向けに2018年後半にリリース、“光と影”をテーマにしたパズルアドベンチャーゲーム – ファミ通.com

主人公の少女“アイリス”が,黒猫を追いかけて潜り込んだ荒れ果てた劇場で,自分と劇場にまつわる過去の因縁を解き明かしていくというもの。モノトーンな色調の中に,光源のオレンジ色を混ぜ込んだ色使いが特徴的で,光と影を使ったパズルは2013年にリリースされた「Contrast」にインスパイアされたような雰囲気を持っている。
出典 光と影をテーマにした中国産のパズルアドベンチャー「Iris.Fall」は2018年第4四半期中に発売 – 4Gamer.net

Save 20% on Iris.Fall on Steam

・11日:「Clatter」


Clatter Trailer

『Rust』で知られる英国のFacepunch Studiosは、アリーナ型戦略ゲーム『Clatter』をSteamにて配信しました。
出典 キュートなロボット達が戦うアリーナ型対戦SLG『Clatter』Steamにて配信開始!マルチプレイにも対応 | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

スタマイズ可能な戦闘用ロボットのチームを率い、ターンベースによる戦闘を繰り広げて勝利を目指すアリーナ型の戦略ゲームです。シングルプレイヤーのキャリアモード、デイリーチャレンジの他、オンライン対戦も収録
出典 キュートなロボット達が戦うアリーナ型対戦SLG『Clatter』Steamにて配信開始!マルチプレイにも対応 | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

Save 20% on Clatter on Steam

・11日:「Battle Royale Tycoon」


Battle Royale Tycoon is now available!

早期アクセス機関は約半年を予定しており、現時点でもバトルロワイヤルやチームデスマッチなどの4つの対戦ゲームモード、ゲストのニーズや研究といった基本的なシステムはゲームに備わっている。
出典 バトルロイヤルゲーム、その後の片付け誰がするの? バトロワフィールド経営シム『Battle Royale Tycoon』の販売がスタート(電ファミニコゲーマー) – Yahoo!ニュース

バトルロイヤルと名の付いた『Battle Royale Tycoon』だが、プレイヤーの目標は戦場にいる100人の中の1位を目指すことではない。バトルロイヤルゲーム風のアクティビティを遊ぶことができるフィールドを運営し、訪れるゲストに満足してもらうことである。
出典 バトルロイヤルゲーム、その後の片付け誰がするの? バトロワフィールド経営シム『Battle Royale Tycoon』の販売がスタート(電ファミニコゲーマー) – Yahoo!ニュース

Save 10% on Battle Royale Tycoon on Steam

・12日:『Kingdom Two Crowns』


KTC Launch Trailer noRating NOJ JP

シンプルな操作が特徴のマイクロストラテジーアドベンチャーゲーム。今作では新たにキャンペーンモードが搭載。ローカル及びオンライン(ニンテンドースイッチ版のみ後日対応予定)でのマルチプレイに対応。他にも新たな技術のアップグレードやユニットの種類、敵など多くの要素が加わっています。
出典 王国運営マイクロストラテジー続編『Kingdom Two Crowns』協力プレイと日本語対応で配信開始! | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

本作は日本語にも対応。また、リリース後のアップデートで世界中のエキゾチックなバイオームが使用可能になる予定で、既に封建時代の日本の景観、建築物、文化を題材とした場所を追加するDLC「Kingdom Two Crowns: Shogun」が無料で配信
出典 王国運営マイクロストラテジー続編『Kingdom Two Crowns』協力プレイと日本語対応で配信開始! | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

Kingdom Two Crowns on Steam

・12日:「Ancient Frontier: Steel Shadows」


Ancient Frontier: Steel Shadows Trailer

ジャンルは、ターンベースタクティカルRPG。2017年に発売された『Ancient Frontier』のスタンドアローンな拡張版
出典 SFタクティカルRPG『Ancient Frontier: Steel Shadows』発売―宇宙海賊として艦隊を指揮 | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

シリーズの新章を描く本DLCでは、プレイヤーは解放されたばかりの元囚人"Rogan Harker"となり、海賊として自らの運命を見出し、名声を得るため艦隊を率いることで、フロンティアを戦い抜いていきます。
出典 SFタクティカルRPG『Ancient Frontier: Steel Shadows』発売―宇宙海賊として艦隊を指揮 | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

Ancient Frontier: Steel Shadows on Steam

・12日:「BACTERIUM」


BACTERIUM – Official Trailer (2018)

本作は、Dragon Whisper Gameが開発した、いくつのゲーム賞を受賞したシューターゲームです。本作は、PCを対象に12月12日まで8%割引の1320円で配信中です。
出典 PC向けアクションシューティング「BACTERIUM」がSteamにて配信開始 – 4Gamer.net

未来の数十年後、地球環境の悪化によって、疫病は中世のように広がり、人類は伝染病と癌にかかる確率が大幅に上昇した,だがナノロボットと医療技術の高速発展によって、絶病の癒しが可能になる,ナノロボットのオペレーターとして、ナノロボットと病気の間の戦争に参加
出典 PC向けアクションシューティング「BACTERIUM」がSteamにて配信開始 – 4Gamer.net

Save 20% on Bacterium / 生命之旅 on Steam

・14日:「GRIS」


『GRIS』日本語公式紹介ムービー【”美しさ”がここにある】

Devolver Digitalは、Nomada Studioが開発するNintendo Switch/PC(Steam)用アクションアドベンチャー「GRIS」を12月13日に発売した(Steam版は14日発売予定)。日本語版窓口は架け橋ゲームズが担当
出典 色彩豊かな内面世界に迷い込むアドベンチャー「GRIS」発売 – GAME Watch

「GRIS」は現実の辛い体験から逃れるために自分自身の世界へ迷い込んだ女性Grisとなり、形を変えるドレスを纏って様々な世界を渡り歩くアドベンチャー。明確な死や失敗がなく穏やかな世界観で、アーティストたちが描き出すアニメーションや豊かな色彩とオリジナルの楽曲で彩られた世界を楽しめる。
出典 色彩豊かな内面世界に迷い込むアドベンチャー「GRIS」発売 – GAME Watch

GRIS on Steam

・14日:「DAYZ」


DayZ – PC 1.0 Launch Trailer

Bohemia Interactiveは、2013年12月よりSteam早期アクセスを実施していたゾンビサバイバル『DayZ』のPC向けスタンドアローンを正式版1.0にアップデートし、販売を開始
出典 ゾンビサバイバル元祖『DayZ』PC版が遂に正式版に!2018年12月18日までは週末無料プレイも | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

『DayZ』は、2012年に軍事シミュレーター『ArmA 2』の無料のModとしてリリースされ、本体となる『ArmA 2』の売り上げを発売から3年経ったにもかかわらず、大きく伸ばす程の人気となった。
出典 5年の開発期間を経て『DayZ』がついに正式版リリース。オープンワールドゾンビサバイバルゲーム流行の火付け役(電ファミニコゲーマー) – Yahoo!ニュース

後に登場する『PUBG』や『荒野行動』、『Fortnite』といったバトルロイヤルゲームが生まれる基礎を作り上げたゲームであり、本作がなければ今日のバトロワブームは生まれなかったかもしれない。
出典 5年の開発期間を経て『DayZ』がついに正式版リリース。オープンワールドゾンビサバイバルゲーム流行の火付け役(電ファミニコゲーマー) – Yahoo!ニュース

Save 15% on DayZ on Steam


週間Steam通信#114「DAYZがリリース…Steam内、外部サイトの無料ゲームも豊富でありがたい」

初めてSteamを利用する方のためのSteam解説本

created by Rinker
¥500 (2022/09/26 16:33:54時点 Amazon調べ-詳細)

無料で読む方法はこちら

週間Steam通信をNOTEでまとめてます。